GUN道場

エアソフトガン・サバイバルゲームの総合情報サイト
Subscribe

リボルバー戦

2013/4/19 By: MAXI カテゴリー:

リボルバー限定戦

最もエキサイティングなゲームを求めるアナタへ

1発も無駄に出来ない銃撃戦… 撃たれる恐怖…
これは銃と銃ではなく人と人の格闘戦だ!

リボルバー型エアソフトガンは、弾数が少なく遠距離の命中精度には頼れないという特性があります。それを逆手にとって、遊び心を盛り込みつつ戦術・駆け引き優先のゲームプログラムに仕立てたのが、GUN道場の「リボルバー限定戦」です。電動ガンのような「バラマキ・弾幕」「命中精度」「有効射程」とは一切無縁の、古くも新しい遊び方であり、その面白さはイチオシです。

リボルバー戦は、ほとんどムダ弾になるフルオートをバラ撒くゲームとは全くの対極にあります。リアルカウント制で、持ち弾はたった12~18発。遠距離での命中精度が低いため、”極”至近距離戦となり、積極的に動きながらも気配を消して相手の背を取り、冷静かつ確実に相手を仕留めなければなりません。たった1発が勝敗を左右する、リアリティあふれるゲームなのです。

相手は1発で倒す、出来る限り弾を撃たないサバイバルゲーム。
1発の重みにこそ、サバイバルゲームの面白さの真髄があります。リボルバーそしてカートリッジ操作の面白さと、常に1発を大事にするゲームの緊張感にハマったら、きっとやめられなくなることでしょう。あなたのチャレンジをお待ちしています!

【お勧めのゲームルール】

リボルバー限定の場合、フラッグ戦など普通のゲームをやっても面白いですが、極・至近距離戦が展開されることからGUN道場では、撃った側・撃たれた側で懸賞金(ゲームマネー)あるいはアイテムの取引をするという要素を取り入れたゲームを構成しました。そこではフザけた茶番劇も生じ、他では体験できない面白いゲームに仕上がっています。

ゴールドラッシュ60
金塊とドル札の奪い合い、真剣にフザけてみたい大人のための長丁場ゲーム。相手から大金を巻き上げて逃亡する時には、誰もがつい笑みをこぼす!

【お勧めのフィールド】

インドアフィールドでも充分楽しめますが、ゲームのバリエーションを考慮すると、アウトドアのほうが幅は広がります。中でも市街地型、砂漠型などの平坦なフィールドが最もお勧めです。
[例] デザートストーム川越|デザートユニオン|バトルシティ|千葉北フィールド|No9ミッドタウン|HQデザート|HQバンカー|CQB-BUDDY

【お勧めのリボルバー】

お勧めはやはりカートリッジの装填・排莢が楽しめるマルシン工業の8mmXカートリッジ式ガスリボルバーです。夏場において、その8mm弾のストッピングパワーはシャレにならないため、悲鳴を上げながら本気で逃げ隠れて戦う銃撃戦になるでしょう。撃たれてみれば1発の重みの”意味”が分かります。また、扱いに慣れると走っている相手にも20~30m先からヒットできます。冬場は、44マグナムサイズのタナカ・ペガサスリボルバーが安定してお勧めです。

【GUN道場レギュレーション】

GUN道場リボルバー戦 レギュレーション
スタイルフリースタイル私服からポリス・スタイル、ウエスタンまで自由。BDU、迷彩服は禁止。
使用エアガン原則リボルバー限定(カートリッジタイプ推奨)
※その他はデリンジャーのみOK
外部ソースは禁止、使用ガスはHFC134a/152aのリキッドチャージのみ
装填数装填は6発以下のリアルカウント制。アウトドアゲームの場合、持ち出し合計18発 (長モノは12発)
インドアゲームの場合、持ち出し合計12発
使用BB弾
初速規定
6mm 0.25g以下85m/s以下(0.9J)
8mm 0.35g以下(1.26J/メーカー標準値)
素材はフィールド指定品を使用。生分解バイオまたはセミバイオ、プラスチック弾
使用できない銃× オートマチックベースの銃
× ライフル系
その他 備考※1 マルイ・タナカのリボルバーも6発装填。(S&W M327は8発装填OKとする)
※2 ライフル・狙撃銃を使用可能とする場合も、装填6発。(1ライフ毎の持ち出し数は 標準設定マイナス6発とする)

特殊ルール「フェイク・フリーズコール」
1ライフにつき持ち出し18発としているため、ヒット申告してドル札を支払うまで、再装填は出来ません。しかし弾が無くても仕事は出来ます。フリーズコール、金塊を取る、空撃ちで脅す、捕虜を見張る etc……
なおフリーズをかけられた側は、反撃、逃亡、降参を選択できます。

リボルバーを通じて伝説のキャラクターやその世界観を楽しもう!

次の開催予定

場所タイトル
毎年定期開催中!
2017年1月-6月-11月
HQデザートベース
HQバンカー
HQスペシャルゲーム

過去の開催履歴

2014年5月17日(土)HQ東海DesertCityザ・リボルバーバトル
「マグナムフォース的な何か」
2013年7月21日(日)PM千葉北フィールド(CKF)リボルバー戦Z「太陽にもだえろ!」
2013年4月13日(土)PM千葉北フィールド(CKF)リボルバー戦Z「踊る大銃撃戦」
2012年10月21日(日)No9ミッドタウン許されざる者たち(ファイナル)
2012年9月15(土)デザートストーム川越夕陽のガンマンか何か
2012年6月16日(土PM)千葉北フィールド(CKF)踊る小捜査線 スナブノーズ限定
2012年5月6日(日)どんぱち インドアあぶなかった刑事
2011年10月29日(土)デザートストーム川越続 荒野の用心棒か何か
2011年6月26日(日)デザートストーム川越荒野の用心棒か何か
2010年9月12日(日)マルサバ インドアGo ahead. Make my day!
2010年8月8日(日)トリガートーク許されざる者


ゲームレポ:10/21(日)リボルバー戦「許されざる者たち」

2012/10/24 By: MAXI カテゴリー: ゲーム報告

2012-10-21 リボルバー戦 許されざる者たち

10/21(日)No9-ミッドタウンにて、No.9-Warシリーズファイナル リボルバー戦「許されざる者たち」を開催しました。比較的気温が下がり気味の日々ながらも、当日は快晴で暑く、寒さに弱い8mmリボルバーも快調に飛んでいました。

リボルバー戦

レギュレーション
原則リボルバーのみ使用
リアルカウント装填方式、予備弾無制限

リボルバー戦8回目にして初めて、携行弾数・弾補充が無制限のルールを採用しました。リボルバーなのにバカスカ撃てるゲームということになります。それでも6発までしか連射出来ないというのが、このリボルバー戦の特徴です。中でも、カスタマイズしたタナカ ペガサスリボルバーは、ガスブロオートマチックと大差のない性能で、20~30mの狙撃までこなしていました。

ゲームメニュー
チームデスマッチ ×3
フラッグ戦 ×2
フラッグ奪還戦 ×2
C4攻防戦 ×2
1vs1決闘トーナメント戦 (チーム対抗勝ち抜き戦) ×1
人質救出作戦 ×2
ミリオンダラーマッチ(30分)×2
チームデスマッチ ×2

リボルバー限定戦では、普通のチームデスマッチやフラッグ戦も面白さを増しますが、今回最も白熱したのは、ゴールドラッシュのシンプル版「ミリオンダラーマッチ」です。文字通り、撃ちあってカネ(ダミーのドル札)を奪い合うゲームで、このゲームだけ携行弾数12発に制限し、銀行・牢屋を設定。制限時間30分で行いました。リボルバー戦ならではの面白さ、醍醐味が味わえるゲームでした。

ミリオンダラーマッチ(リボルバー戦)

参加者の個性的なリボルバーの数々

参加した人の日記レポート(サバゲーるSNS)
>>トルトイスさんTANGさんのぶさんばびさん山口はがねさん|…
※サバゲーる会員登録(無料)が必要な日記もあります


10/21(日)No9-Warファイナル リボルバー戦「許されざる者たち」

2012/9/22 By: MAXI カテゴリー: イベント案内

ナンバーナインWARシリーズ ファイナル リボルバー戦

ユニークなゲーム内容で好評いただいておりました、No9-Warシリーズも、2012年10月でファイナル開催となります。ファイナルのゲーム内容を検討しました結果、あえて「リボルバー戦」を開催することに決定しました。

リボルバー戦は、数あるサバゲーの中でも、最も面白いカテゴリーです。たった6発、ウラをかく立ち回りと、お互いの隙、射撃の腕、すべてが求められますが、命中できるとは限りません。この上なくリアルでスリリングなゲームなのです。そこには男のロマンも詰まっています。リボルバーを通じて、本格的なゲームだけでなく それぞれの世界観や 伝説のキャラクターなども楽んでください!

<開催概要>
・リボルバー限定戦。No.9では初開催!ミッドタウンを使用します。
・リアルカウント制。スタイルフリー。
・サバゲーの面白さの真髄。
・多数のショートゲーム & 1vs1決闘トーナメント。

<レギュレーション> →詳細はこちら
・スタイルフリー、私服でもウエスタンでもスーツでもOK!
・原則リボルバー限定。オートマチックタイプは完全使用不可。
・6発装填のリアルカウント制。(マルイ・タナカも6発装填)
・バイオBB弾使用。8mm使用OK(バイオ0.35g指定)

参加申込み・お問い合わせ
申し込み状況(サバゲーるSNS)

<GUN道場リボルバー戦の歴史>
開催初期はインドアフィールドで通常のフラッグ戦・攻防戦などのショートゲームを行っていましたが、3回目からはアウトドアフィールドで、60分戦「ゴールドラッシュ60」をメインに開催。金塊や紙幣(ダミー)を使い、銀行や牢屋も設定されている、エキサイティングなゲームに進化しました。

2012/9/15(土) デザートストーム川越「夕陽のガンマンか何か」
2012/6/16(土PM) 千葉北フィールド(CKF)「踊る小捜査線 スナブノーズ限定」
2012/5/6(日) どんぱち インドア「あぶなかった刑事」
2011/10/29(土) デザートストーム川越「続 荒野の用心棒か何か」
2011/6/26(日) デザートストーム川越「荒野の用心棒か何か」
2010/9/12(日) マルサバ インドア「Go ahead. Make my day!」
2010/8/8(日) トリガートーク「許されざる者」