リボルバー特集

リボルバー

現代では高性能なオートマチックハンドガンが台頭しているが, 旧来から発展しつづけ完成の域に達した「リボルバー」にも特有のメリットや魅力があり, 世界中で愛され続けている。派手なアクションこそ無いものの, その静かな魅力に迫ってみたい。


リボルバーとは?
リボルバー(Revolver)は拳銃の一種で、レンコン状の回転式弾倉(輪胴式弾倉)を有するのが特徴となっている。装弾数は一般に5発のものと6発のものに大別され、自動式拳銃と比べて装填数は少ないが、構造は単純・堅牢で保守も容易であり、実弾装填時の暴発の危険性が低く信頼性が高いという面がある。銃の所持が許可されている国では護身用、警察用として今なおリボルバーの需要があり、さらに古い年代のリボルバーは芸術品としての人気も高い。弾倉の保持方法においては弾倉振出式(スウィングアウト)や中折れ式(トップブレイク)等が存在する。撃発方法にもシングルアクションとダブルアクションの2種類があり、それぞれ操作方法が異なる。 出典:wikipedia

現代ではハイパワーをイメージさせる存在
映画においては古きに、44マグナムをキーワードとして大ヒットを放った「ダーティハリー」シリーズは誰もが知るところであろう。もちろんリボルバーそのものは、もっともっと以前から存在していたものの、強烈なキャラクターにより特定の銃が有名になるのは、良くあることだ。最近の映画で言えば、2010年9月10日公開の3D映画 「バイオハザード4」で主人公アリスがコルトパイソンを持っている図が伺えるが、リボルバーはその曲線美からも絵的に映えるものである。

アニメの世界においても、個性的なキャラクターにリボルバーを与えるのは定番とも言える。古いものではルパン三世やシティハンター、攻殻機動隊やブラックラグーンなど、リボルバーのある所に必ず強烈な個性をもつキャラクターが存在する。その他、TVゲームではストーリー後半に「スペシャル銃」として登場したりする。装弾数は6発しかないものの、強力なマグナム弾の一撃で敵に大ダメージを与えるというアドバンテージがある。それが時には、フルオートのサブマシンガンよりも魅力的に映ったりする。
リボルバーは効率においてのメリットは低いものの、デザインの美しさや、強力な弾丸を撃ち出せるタイプの存在、一発の重み、一撃必殺といったイメージに魅力を感じるのは私だけではないと思う。

リボルバーの魅力・・・曲面で構成された美しいスタイル
多くのオートマチックハンドガンは直線的なデザインだが、リボルバーは円柱形のシリンダーやバレルがあり、見る角度や光の当たり具合によって美しい造形を見せてくれる。職人の手で作られたようなデザインは、見ていて飽きることがない。

磨かれたデザインと機能美
実銃界では古いリボルバーはコレクターアイテムらしい。コルト S.A.A(シングルアクションアーミー)などはその代表で、銃としての機構は実にシンプルだが、素早く確実に連射するために、そこには長い年月にわたるアイデアや工夫が盛り込まれており、シンプルの中に機能美がある。さてそんな魅力とロマンが詰まったリボルバーたちのエアガンを見てみることにしよう。


日本のメーカーが生産・販売している、ガスリボルバー、エアリボルバーの全カタログ。カートリッジや機能の比較まで網羅。

1. ガスリボルバー≫カートリッジ式

リボルバーの定番。薬莢型のケースにBB弾を入れてから装填するリアルなガスリボルバーシリーズ。2018年現在、国内2メーカーから発売中。

 

※リボルバーといえば手作業で弾を詰めたり、空薬莢を捨てたりするという操作を映画やアニメでもよく目にする。トイガンの世界では、実銃の弾丸(薬莢)に似たカートリッジにBB弾を詰めて装填し、ガス圧で発射できるリボルバーがある。装弾数は実銃と同様に5発~6発であり、装弾数や実射性能こそガスブローバックハンドガンにかなわないが、カートリッジを装填したり排莢する楽しさと醍醐味は、他には変えられないものだ。なおガスガンの苦手な冬でも比較的安定した射撃ができるのが特長となっている。

2. ガスリボルバー≫ケースレス式(カートレス式)

エアガンのリボルバーでは難しいとされてきた「実射性能」「命中精度」を追及して、カートリッジを廃したガスリボルバー 。現在2メーカーから発売中。

 

※タナカワークスの「ペガサスシリーズ」ガスリボルバーは驚くようなアイデア機構で、最高にリアルなモデルガンとの融合に成功した。実銃と同じ作動感や、実銃グリップとの互換など、マニア向けともいえる。

3. エアーリボルバー≫カートリッジ式

価格が手頃なため、装飾品や雰囲気を楽しむコレクションとして最適。本格的な実射性能や重量感は求められないが、手元に置いて気軽に触ることができれば、何かと楽めるリボルバーである。現在2メーカーから発売中。

 

※クラウンモデルは古くからのエアーコッキング・リボルバーメーカーだ。1980年代からキットモデルを販売しており、細かなバージョンアップを重ねつつ現在は完成品として販売している。


タイトルとURLをコピーしました