サバゲーの心がまえ

サバイバルゲームを楽しむ心がまえ

自由参加のフィールド主催定例会は様々な人が集まるため、ストレスを感じることもあるかもしれません。遊ぶのにストレス?と思うかもしれませんが、サバゲーそのものよりも、人間同士の誤解や不寛容によるものです。サバゲー特有なのかノイズ時代のせいなのか分かりませんが、説明やルールをまったく読まず聞かずの人も多いです。そんな中でもサバゲーの楽しさを味わいながら、寛容に楽しんで頂きたいものです。

サバゲー五ヶ条概要
1. 楽しむ心 (無心)撃っても撃たれても最後まで楽しく遊ぶ。
人づきあいや回り道、過程の面白さは勝敗を超える。
2. 正直な心 (内省)審判はあなた自身。被弾判定は常に冷静に、申告は多少遅れても正直に。
3. 広い心 (寛容)所詮プラスチックの弾、当てても気付かれない事は多い。寛容であれ。
4. 紳士の心 (礼節)つねづね相手には礼儀と節度をもって接する。
全ての人に迷惑をかけない。暴言、中傷、陰口も断じて行わない。
無責任な射撃(めくら撃ちや同士撃ち)は行わない。
5. コミュニケーション (配慮)ヒットコールはコミュニケーション。相手に伝わらなければ意味がない。
自分だけではなく全員で楽しむ。それがサバイバルゲーム。

GUN道場ではサバイバルゲームをあくまで「遊び」として気軽に楽しむ事をお勧めしています。非日常空間と戦闘ゲームの緊張感、銃やミリタリーロマン、様々なプレイヤー達との交流など、楽しめる要素が沢山ありますので、長く続けることができれば人生の楽しみは増えると思います。
逆に、サバイバルゲームを数値にするようなスポーツ化や競技志向はお勧めしません。競技化すると遊びの域を少し超えてしまい、すぐにサバゲーの限界が訪れます。常に結果(勝敗)を求め、且つ排他的になることはサバゲーに向いていません。サバゲーはある観点からみると「無限に面白い」のですが、別の観点から見ると「ひどく限界が低い」ものでもあるのです。

勝利を目指す
サバゲーはゲームですので、ぜひ勝利を目指してください。しかしサバゲーの勝利は定義化されておらず、無報酬であるのが特長です。なにしろ40年も前から、一番大事な「ヒット判定」が相手任せなのです。相手に撃ち勝った、沢山ヒットをとった、フラッグを取った…初心者にはそれが勝利に見えるかもしれません。しかし何年もやっていると、それだけが勝利ではない、むしろどうでも良いことが分かってきます。是非、あなたの勝利条件を見つけだして下さい。ただし同時に他人の勝利条件(楽しみ方)に口出しはできません。

エアガンに頼らないサバゲーの勧め
今のエアガンは超高性能です。その中でも色々な幅や種類がありますが、相手より有利なウェポンで勝てるのは物理原則として当たりまえです。しかしGUN道場では、火力や武器の強さ(=戦争的発想)ではなく、イコールコンディションまたは不利な武器とテクニックで対峙する「格闘技的な楽しさ」を見出して頂きたいと考えます。

相手がいてこそのサバゲー
「誠実で紳士な相手」があって初めてサバイバルゲームは成立します。たとえ激しい戦闘ゲームであっても、思いやりやお互い様は存在するのです。常々、対戦する相手には礼儀をもって接し、フィールドには「敵を倒しに行く」のではなく「その日あつまった全員で休日を楽しむ」精神で参加しましょう。

武道精神に学ぼう
サバイバルゲームは単なるレジャーかもしれません。しかしエアガン自体は危険である上に、遊ぶにも必ず相手が必要であり、お互いの信頼と心の平穏がなければ成立しないという武道的な要素があります。武道とは、武(力)をもって道を追求するものであり、人を殺傷/制圧する「技術」の鍛錬を通じて人格の完成をめざすという精神が根底にあります。
サバゲーにおいても、同じ場に立つ相手を尊重し、礼儀と節度、反省をもって遊ぶ(鍛錬する)べきだということです。
問題が起きたとしても相手を批判する事に明け暮れるのではなく、常々自分に問いかけながら楽しんでいただければ幸いです。

相手やサバゲーを寛容に受け止められなくなったら…
フィールド主催の定例会は気軽に参加できる反面、人数が多すぎたり、方向性や考え方が異なる人も多いため、心底楽しめるかどうかはあなたの「寛容」「許し」にかかってくるでしょう。人数が多すぎればゲーム性も低くなりがちで、満足いかない人もいると思います。
しかし現実としては「とにかく撃ちたい」「撃てれば良い」という人が多いのです。もしもあなたが「真サバゲー」に目覚め、ゲーム性や突っ込んだ面白さを求め始めたなら、特別イベントへの参加やコミュニティ貸切を探しましょう。フィールドや定例会に文句を言っていても何も解決しません。そういう割り切った考え方が寛容というものであり、楽しく続けるコツです。