maxi

メンテナンス

症状からみる電動ガンの故障原因

症状からみる電動ガンの故障原因 電動ガンは、電気と機械の融合した精密なメカニズムになっている。分解やカスタムした時はもちろん、何もいじらなくても使っていると動作しなくなってしまうことがあるが、原因を追究して適切な処置を行えば、必ずまた元...
新製品情報

2018.10.25 東京マルイ GLOCK19 [GBB]

ガスブローバック・ハンドガンに「グロック19 サードジェネレーション」が登場。新型のブローバックエンジンを搭載し、従来のガスブローバック・グロックシリーズと同等のガス消費量ながらリコイルショックを強化。装弾数22発。 グロック19は長年、...
新製品情報

2019予定 東京マルイ ライトニングホーク .50AE 10インチ マグナポートカスタム

バイオハザードとのコラボレーションモデル。初回限定生産のガスブローバック「ライトニングホーク .50AE 10インチ マグナポートカスタム」が登場。 10インチバレルの本体に、換装用として6インチのバレルアッセンブリが付属。フレーム部はシ...
新製品情報

2018.11-12 東京マルイ M40A5 FDEストック [AIR]

アメリカ軍海兵隊が、スナイパーライフルM700をベースに改良を重ねてきたM40シリーズ。中でも夜間の射撃能力を大きく高めるためにサーマルビジョンマウントを装備したものがM40A5である。 今回、カラーバリエーションとして要望の高かったFD...
新製品情報

2018.11-12 東京マルイ ハイキャパ5.1 フルオート [AEG10+]

10才以上対象の電動ブローバックハンドガン(フルオートモデル)にハイキャパ5.1が登場! 今回はシリーズ初のオプションとして「35連射ロングマガジン」が同時発表されており、新しい楽しみ方が期待できる。今までは装弾数15発しかなくフルオート...
特集

リボルバー特集

現代では高性能なオートマチックハンドガンが台頭しているが, 旧来から発展しつづけ完成の域に達した「リボルバー」にも特有のメリットや魅力があり, 世界中で愛され続けている。派手なアクションこそ無いものの, その静かな魅力に迫ってみたい。 ...
リボルバー

[特集記事] マルシン工業のリボルバー

現行エアソフトガンで最もリアルなガスリボルバー マルシンのガスリボルバーシリーズは30年以上の歴史がある。初代からカートリッジを使用していたのが特徴で、カートリッジ形状は時代の流れと共に変遷し、遂にたどり着いたのがXカートリッジシリーズで...
新製品情報

2018.10.10 タナカ ウィンチェスター M1897 (MODEL GUN)

大戦時に塹壕兵器(トレンチガン)として戦場投入されたショットガン ウィンチェスターM1897 がバージョン2となって再販。バージョン2では作動性が向上し安定した発火力を手に入れ、トリガーを引いたままポンプアクションするだけで連続発火するラピ...
新製品情報

2018.9.26 東京マルイ MTR16 (GBB)

ガスブローバック マシンガンシリーズに、M4の民間モデルをイメージした東京マルイ オリジナルM4カスタムが登場! 剛性を確保し徹底的な肉抜きによる軽量化、各種オプションパーツに対応する拡張性、利き腕を選ばない操作性、構え方の変化に対応する...
新製品情報

2018.8.30 KTW ウィンチェスター M1873カービン (AIR)

2018年8月より黒染め仕上げになってリニューアル新発売。 西部劇に必ず登場するピストルがコルトで、ライフルはウィンチェスターです。 コルト・ピースメーカー(SAA)とウィンチェスターM1873は、「西部を征服した銃」という、アメリカ史上...