マルゼン CA870 ソードオフ (vol.1) ~ シンプルで楽しいエアコキショットガン

M870

マルゼン CA870 ソードオフ
エアーコッキング

スペック
全長:555mm 重量:1300g
装弾数:40発
参考初速:89.2m/s(0.79J)
・シングルショット(単発発射)

当レビュー装着オプション
・G&P 22連ショートマガジン

▼パッケージイラスト。メカニカルなイメージがマニア心をくすぐる。

シンプルで壊れにくいエアーコッキング・ショットガン
シンプルなシステムと外観、頑丈な構造、確かな命中精度。オイルで磨くことで味が出るというファイバー製のボディ etc..。マルゼンの CA870 シリーズ はオーソドックスなコッキングエアーガンながら、ユーザーには深い楽しみを与えてくれる。

エアーコッキングの楽しさとは?
エアーガン全体から見ると、サバイバルゲームでのメイン戦力として考えるには劣る部分があるが、セカンダリーウェポンとして背中にかけておいたり、インドア・ハンドガン戦で使ってみたり、シューティングマッチを楽しむツールとして、抜群の面白さがあるのがエアーショットガンだ。何より、一発撃つごとにいちいち操作しなくてはいけないところが、電動ガンよりも楽しい。また、独特の雰囲気やカッコよさは他にはない味があり、持ってみれば不思議と愛着がわいてくる。

下側がフラットに収まるリアルなマガジン(22発)がG&Pから1000円弱で発売されているので、こちらは是非お薦めしたい。外観がガラリと変わり、ショットガンらしさが倍増する。

まずチューニングしたい点はフロントサイトだ。標準でサイトレスという仕様は、「散弾」であれば納得いくのだが CA870 は単発なうえアウターバレルにテーパーがかかっているので、かなり狙いにくく、照準に迷いが生じてしまう。これは解消しておきたい。

今回、ラジコン用の4mmピロボールを代用して装着してみた。ネジ長が内側に出過ぎないように若干切って、アウターバレルにキリで穴をあけてねじ込むだけなので簡単なものだ。これだけでも、狙うのがずいぶん楽になり、戦力も上がるだろう。
さて、これで早速ゲームフィールドに持ち出してみたいと思う。


タイトルとURLをコピーしました