マルゼン CA870 ストック (vol.3) ~ フルメタル+くらげ/あたりめセットアップ

M870

マルゼン CA870 ストック カスタム
コッキングエアーショットガン

スペック
全長:777mm 重量:1620g
装弾数:40発
参考初速:89.4m/s (0.799J)

飛距離が足りない!?
前々回のバトルから、CA870 ストック は更なる質感を求めてフルメタルボディに換装している。G&Pのフロントキット、ZEKEのアルミレシーバー、ボルト部分はパーカーシール塗装で、剛性と質感はかなり向上した。タナカのM870とそう変わらない質感ながら、ゲームで大活躍できるポテンシャルを秘めている。

さて、そんなお気に入りの M870 ( CA870 )だったが、先日のゲームでやっぱり「飛距離が足りない」…と感じてしまった。しかも何となく、前回よりも有効射程が落ちている気がする。思い悩んでいてもしょうがないかと思い、巷では評判が良いという「くらげパッキン」「あたりめバレル」を装着してみることにした。

価格も比較的安価なので、驚くような出費ではない。上記の写真は取り外した状態のノーマルバレルAssyであるが、ピンひとつで付いてしまうインナーバレルの簡素さに驚いた。こんなに取替えの簡単なバレルは他に知らない。何はともあれ、特に苦労も無くくっついた。マガジン側からライトを当てて覗き込むと、くらげの隙間から光が射している!どれほどの実力を発揮してくれるか、次回ゲームの楽しみがひとつ増えた。

ところで、エアーガンのコンディションを計るため、最近 弾速計を購入したので、実測値を掲載しておきたい。原則として、メカ部はノーマルを貫いているので、これまで掲載してきたカタログ値とそう変わるものでもなく、あまり要らないといえば要らないのだが、エアーガンのポテンシャルを計って戦術を練ることにも活用したい。

サバゲ実戦レポ(カスタム後1回目)
ホップアップをチューンした CA870 ストック を早速ゲームに投入してみた。結果は上々で、くらげホップ(甘口/黒)+あたりめバレルにより、0.2g弾使用で電動ガンとも同等の有効射程を得ることが出来た。約40〜50m程度の有効射程があり、なおかつ弾道も非常に素直で安定している。当然連射もできるため、手動コッキングガンとしては最強ウェポンと呼べそうな気さえする。

なお、私は使い慣れて気づかない部分だったが、 CA870 を人に貸してみたところ、扱いに少々クセがあるようで、下記の点を教える必要があった。
・マガジンにいっぱいまで弾を詰め込んではいけない
├ フルロードすると、弾を送り込むでっぱり(ローディングステー)が当たってマガジンがセットできなくなる
└ もしフルロードしたマガジンをセットする場合は、先台を引いた状態でマガジンを挿し、先台を戻す
・フォアグリップは必ず素早く元の位置に戻す
└ ゆっくり前に戻すと、ちゃんと弾をセットしてくれないことがある。


タイトルとURLをコピーしました