マルゼン CA870 ストック (vol.4) ~ ミドル・コンバージョン

M870
SANYO DIGITAL CAMERA

マルゼン CA870 ストック カスタム
コッキングエアーショットガン

スペック
全長:777mm 重量:1620g
装弾数:40発
参考初速:89.4m/s – 0.2g (0.799J)

当レビュー装着品
・G&P 22連 ショートマガジン
・G&P CA870 フロントセット (ミディアム)
・マルゼン M1100 エクステンションチューブ (切削加工)

ド派手な M870 マリーンマグナム に魅せられて…
しばらくショットガンの類から離れていたが、最近、タナカワークスから レミントンM870マリーンマグナム というシルバーのド派手なショットガンが発売され、それを店で目の当たりにしてしまったのがきっかけで、再度、手持ちのCA870のコンバージョンを検討してみた。

久々に、所有の マルゼン CA870 ストック をみると、アウターバレル部分が異様に短いバランスが気になったので、迫力を出すために、ちょっとロング化してみることにした。とはいえ最近はロング化するパーツは、インナーバレルの延長も必要で、パワー規制のためほとんど販売終了となっており、探すのにやや苦労した。一番ラクなのは、アングスのメタルアウターバレル(ミディアム)と、同じくアングスのエクステンションチューブをセットする方法であるが、特に後者は今ではどこにも売っていないので、これも残りわずかとなっている G&P の ロングバレル フロントセット に目をつけ、さらに マルゼン M1100 のエクステンションチューブをカットして装備した。ちなみにインナーバレルはノーマルサイズ(あたりめ)で、アングスのミディアムアウター内に使われる インナーバレル固定パーツ を前から押し込んで、保持位置を調整してある。

SANYO DIGITAL CAMERA

ゲームでメインウェポンの座を務めさせるには全くウデに自信がないが、お楽しみサブウェポンとしては非常に面白いし、やりがいもある。ゲームで ハンドガン戦 の機会を増やせば、活かすチャンスも増えるだろう。何はともあれ、カタチがカッコよく、置いておいても絵になるのと、軽いので気軽にゲームに持って行ける、電動やガスブロ戦に交えたり、レンジで撃って気分転換できる、といったあたりが美点ではないだろうか。

CA870は、最後端のプラスチック製バットプレートが少々厚いこともあり、構えたバランス的には、もう少しストックが短くても良いような気がする。ストックそのものはマルゼンの全ショットガンシリーズに共通の仕様だ。


タイトルとURLをコピーしました