マルゼン CA870 ストック (vol.2) ~ モジュラーコンバットショットガン!?的な面白さ

M870

マルゼン CA870 CQBストック
コッキングエアーショットガン

スペック
全長:777mm 重量:1620g
装弾数:40発
参考初速:89.4m/s (0.799J)

マルゼン CA870 ストック ベース で レミントン M870風 のショットガンを1挺、カスタマイズで作ってみた。この組み合わせで売っていてもいいのに、販売されていないスタイルである。
当サイトではショットガン比較などを行ったりして、「より面白いエアガン」を模索しているが、つまるところゲームで”活きる” レミントン M870 モデルは、マルゼン の CA870 をおいて他は無いのではないかと思う。遠距離でのピンポイントショットが出来るこのエアーガンはアウトドアではかなり有効で、前述記事のとおり大活躍を見せた。サバイバルゲームにおいては「散弾」の有効性が低いため、ショットガンとは言え、このようなちゃんとした「普通のエアーガン」が結構良かったりする。

ここでは既存のものを組み合わせて、今回ケースレスエアーショットガンとしての M870 を組んでいる。多少フロント部が短いがライアットショーティといった所だろうか、おおむね M870 の姿になっている。

組み合わせモジュール(?)パーツ
・CA870フォールド のフォアグリップ
・CA870ソードオフ のボディ/メカ
・M1100ライアットショーティ のストック
・G&P ショートマガジン
これを足し算して出来たのがこの M870 である。組み合わせとしては、CA870フォールド本体+固定ストックでもいける。なお、ダミーボルト・フレーム・アウターバレルは塗装してあり、さらにストックをブラックにすると精悍さが増すに違いない。

ベースである CA870ソードオフ は、フォアエンドのデザインが レミントン M870 とは異なり、イサカやモスバーグ風になってしまっているので、CA870フォールド のショート・フォアエンドに入れ替えている。しかしながらCAシリーズは、実銃でいう M870MCS (モジュラーコンバットショットガン) のようで、色々組み合わせが出来て面白い。室内射撃テストをした感じでは、ストックを肩に当てた際にフォアエンドまでの距離が短くなった印象があり、 CA870-CQBストック よりも使いやすい気がした。サイズはほぼ同等のはずだが、これはゲームでも使いやすそうだ。

▼レミントン870 モジュラーコンバットショットガンの全容。まるで工具のように、状況に合わせて組み替えるというのは何とも男心をくすぐる。

▼後日、外装をメタル化。また別の機会に写真&レビューをアップしたい。(ジークのレシーバー+G&Pのアウターバレルセットを導入)

ゲーム実戦投入インプレッション 2007.01
早速、極寒の中でアウトドアゲームに投入してみた。
その活躍ぶりはソウドオフのときと変わらないが、改めて感じたのは平行飛距離が短めということ。ただし左右のブレは少なく、どんどん上を狙っていくと、有効射程も延びていく格好だ。ちなみにフロントサイトをアドオンするなら、低く収まる小さめのものが使いやすいだろう。

今回は1対4の狐狩り戦(10分逃げ切り/フルオートxコッキングライフルのみ)をやってみたが、狩り側のときはもっぱら役に立った。スナイパーライフルより優れているのは、ラフなサイティングで連射が可能な点で、動き回る敵を追うには都合が良い。なお、フォアグリップを前に伸ばしきらずに途中で戻して2発装填をすると、2発が同じ弾道で飛び、「到達距離」が落ちるだけなので、何ら散弾的なメリットがなかったことを付け加えておきたい。CA870はハンドガンより初速が高いので、インドアのハンドガン戦で使用しても役に立ちそうである。


タイトルとURLをコピーしました