GUN道場レビュー

エアソフトガン、電動ガン、ガスガンのレビューサイト
Subscribe

マルシン ウィンチェスター M1892 LLFL ~ レバーアクション・エアガンの最高峰!

2011/7/13 By: maxi カテゴリー: ライフル


マルシン ウィンチェスター M1892 LLFL
マルシン ウィンチェスター M1892 LLFL (ラージループ・フィンガーレバー)
ブラックモデル / レバーアクション・ガスライフル

スペック
全長:965mm
重量:2800g
装弾数:24発
初速:80.0~83.93m/s (平均81.1m/s 約0.658J)
・可変ホップアップ
・フルメタル、木製ストック仕様
メーカー希望小売価格:39,690円
発売日:2011/7/4

レバーアクション・エアガンの最高峰
マルシンのロングセラー商品 ウィンチェスター M1892 に、ランダルカスタムでお馴染みの大型フィンガーレバーを実装したモデルが登場した。これまでの通常モデルはレバー部分が小柄で、手の大きさによっては窮屈な思いをしていたが、大型レバーのおかげで操作が非常に楽になっている。

▼マルシンのウィンチェスター M1892 は標準で木製ストックが奢られ、しかも今回は価格が比較的手頃になっている。(というより、しばらくの間、凝った表面仕上げのおかげで価格設定が上昇していた)
マルシン ウィンチェスター M1892 LLFL

▼フィンガーレバーは、このLLFL版に限らず固定時のロックが甘いが、使用時には常にレバーを握ることになるわけで、実用上の問題はない。
マルシン ウィンチェスター M1892 LLFL

▼マルシン ウィンチェスター の最大の魅力は、ローディングゲートからBB弾を込められることである。これを再現しているエアーガンは、現行モデルでは他に無いはずだ。
マルシン ウィンチェスター M1892 LLFL

▼指で装填しようとすると、かなり奥まったところに押し込まなければならないが、BBローダーを使うと非常にカンタンに装填ができてしまう。つまりゲーム中でも簡単に補充できる。マガジンレス(一体型)というのは実は非常に重宝する仕組みである。
マルシン ウィンチェスター M1892 LLFL

マルシン ウィンチェスター M1892 LLFL

レバーアクションタイプ・エアガンの比較
レバーアクションのエアガンは2011年現在、3社から発売されている。それぞれエアーガンとしての住み分けがあり、各メーカーの特徴がそれぞれ異なっている。

HWS =◎美しい外観とメカニズムのリアルさ、軽いレバー操作 ×高価、装填のリアルさに欠ける
KTW =◎実射性能と価格、ノンパワーソース ×ややチープな外観、コッキング重い、壊れやすい、装填のリアルさに欠ける
マルシン =◎美しい外観とローディングゲート装填、軽いレバー操作 ×高価

HWS M1866 ガス 装弾24発 前方チューブ装填 木製ストック 価格69000円
各種仕上げバリエーション有
KTW M1873 エア 装弾37発 前方チューブ装填 プラ製ストック 価格28000円
バージョン違い有
マルシン M1892 ガス 装弾24発 ローディングゲート装填 木製ストック 価格47000円
各種仕上げバリエーション有

マルシン M1892 は、KTWの M1873 (エアーコッキング) と比べても、木ストのリアリティや、レバー操作の軽さなどさまざまなメリットがあり、レバーアクションを買うならマルシンが断然お勧めになる。LLFLになって、若干コストダウンが図られたのも魅力だ。

▼BB弾はインナーフレーム右側から持ち上がり、内部のレールに沿ってチャンバーに送り込まれる。チャンバー付近に見えるイモネジがホップ調整用ネジだが、シーソーで前方のホップラバーを押さえる構造のため、かなりのつまずきホップ仕様である。そのため、着弾は若干散るものと予想される。
マルシン ウィンチェスター M1892 LLFL

▼マズル部分のアップ。マガジンチューブ側はガスタンクとなっているが、キャップで目隠しされている。穴から見えるマイナスネジのようなものを「押し込む」とロックが外れてキャップは簡単に外れる。回す必要は無い。
マルシン ウィンチェスター M1892 LLFL

▼マズル付近までインナーバレルが延びている。無駄に470mmほどの長さがあるが、ここまで要らないような気もする。
マルシン ウィンチェスター M1892 LLFL

▼アウターバレル上部の刻印と、超遠距離に対応した2段階のリヤサイト。このまま寝かした状態なら近距離戦モードである。エアガンならもちろん立てて使う必要も無いが、このあたりはしっかり再現してくれている。
マルシン ウィンチェスター M1892 LLFL

▼ボルト部分は、ハンマーがコッキングされる様子や下からロックがせり上がってくる様子、BB弾が運ばれる様子などが、見ていて面白く、ついガチャガチャ遊んでしまう。
マルシン ウィンチェスター M1892 LLFL

▼真鍮製のバットプレートも再現されていて、バットプレートさえも眺めて楽しめる。なお、この形状は構えた際に非常にフィッティングが良いデザインになっている。
マルシン ウィンチェスター M1892 LLFL

▼最後に、WINCHESTER の刻印。ホンモノっぽくて、眺めているだけでも楽しい。
マルシン ウィンチェスター M1892 LLFL

マルシンウィンチェスターの総評としては、非常に出来が良く、撃ったりいじったりして楽しむのに最高なライフルといえる。いつまでも手元に置いておきたくなるような、金属感、メカニカル感、歴史、ロマンなど数々の魅力が詰まっており、買って損は無い一挺だと思う。
次は、ゲームでも実力を試してみたいところだ。

マルシン ウィンチェスター M1892 LLFLの販売ショップをみる

 

マルシン ウィンチェスター M1892 LLFLのヤフオク出品状況

TUNER’SギャラリーをみるGUN道場PROJECT リボルバー戦開催!

コメントする