GUN道場レビュー

エアソフトガン、電動ガン、ガスガンのレビューサイト
Subscribe

東京マルイ M3ショーティー エアーショットガン (vol.1) ~ ショットガン アタックを楽しむ

2007/9/30 By: maxi カテゴリー: ショットガン


東京マルイ M3ショーティ
東京マルイ M3ショーティー
コッキングエアーショットガン

スペック
全長:640mm
重量:1500g
装弾数:30発(3発x10連射)
参考初速:82m/s(0.67J)

装備オプション
G&P M3 フォールディングストック

ショットガン・アタックを楽しむ!
東京マルイのエアーショットガンは、ショットガン比較レビューでも1-2位を争う実力派ウェポンとして紹介しているが、数ある中でも質実ともに「ショットガン」らしく、しかもゲームで有効に使えるのがこの M3ショーティー である。コッキングは静かだが、発射音はうるさく、撃ち応えという観点でも十分満足いく出来ではないだろうか。

戦い方としては、会敵したらおおまかに狙いながら、出来る限りのラピッドファイアで多くの散弾を撃ち込む方法が今のところ有効と考えているが、どこまで連射できるかはそのときの「姿勢」や「腕力次第」となる。一撃につき3発×2〜3回の連射が出来れば十分な効果はあげられるだろう。また、シェルはできるだけ多数用意し、カラになったらエンプティポウチなどに放り込んでいけば良い。

マルイ M3ショーティ ストック

購入当初、私は、 M3ショーティー の遠距離射撃性能があまりにも高かったので(M14並に)、じっくり狙って狙撃するような使い方をしていたが、よりショットガンらしく使うべく、現在ではM3ショーティにG&Pのフォールディングストックを取り付けて、コッキングの安定性を上げ、極力ラピッドファイア攻撃の方法をとっている。ストックがあったほうが連射がしやすく、狙撃安定性にも優れて使いやすいが、難点もある。このストックはチークパッドが設定されているため、相対的にノーマルのサイト位置が低くなり、狙いづらくなるのである。似合うかどうかは別として、レール&ドットサイトでも装着すれば、かなり狙いやすくはなるだろう。

さて、ラピッドファイア戦法は、まずあらかじめコッキングした状態で索敵しつつ、射撃が必要と判断したときトリガーを引く→狙いを維持しつつトリガーは引いたまま力いっぱいコッキングを1〜2回行う、という工程になる。電動ガンよりも「初弾到達のレスポンス」と「瞬時の連射弾数」はこのショットガンのほうが上回る。ただし基本的には、トリガーを引きっぱなしで連射し続けられる電動ガンとまともに対峙するのは危険であり、勝ち残るにはヒット&アウェイなど、相応の戦術を要求されることは念頭に置くべきである。

東京マルイ M3ショーティー 用 フォールディングストック 取り付け方法
M3ショーティー は、しっかり肩につけてコッキング&連射したら、もっと楽に運用できて射撃も正確になるのではないかと思い、G&Pのフォールディングストックを取り付けてみることにした。

M3 ショーティ フォールディングストック

このG&PのM4タイプストックを取り付ける際、英語の説明書を参考にしなければならないのだが、何より、超長いプラスドライバーを用意しなければならないことに手間取った。100円ショップで最長の15cmドライバーを買ったが、あとわずか数ミリが届かない。しかしホームセンターなどで買ってくる時間やお金もムダなので、ドライバーをコンロであぶって、プラの柄部分からペンチで少し引っ張り出すという荒療治をしたのち、作業を行った。実際は15.5〜16cm程度あれば足りるということになる。
本体側の出っ張りはノコギリでカットし、無事取り付けはできたが、1つ謎の?パーツが残る。説明によると “Screw Cap is for packing only not for assembly.”とされており、下記写真のスクリューキャップ?は組み付けには不要だと勝手に解釈して、外したあと取り付けはしていない。

M3 ショーティ フォールディングストック

それから、東京マルイのエアーショットガンシリーズは、複雑なローディングシステムを持っているため、マルイ以外の、特にエクセルのような小さめのBB弾を使用すると簡単に壊れてしまうことに注意しなければならない。小さい弾はちゃんと規定位置まで弾が行かずに、3つのノズルの真ん中に挟まってノズルが変形し、一発でオジャンになってしまうのである。(具体的には、エアー漏れによる大幅な初速ダウンを目の当たりにした)

参考までに・・・
ショットガン比較レビューでは、マルゼン CA870 をNo1にあげているが、あちらは単発狙撃型、ラピッドファイアー無しとなっているため、この マルイ M3ショーティー とは運用方法がまるで異なる。CA870はどちらかというと、連射できるスナイパーライフル、という所になるので、物陰に隠れてじっくり狙い撃つほうが合っている。CA870は、くらげ/あたりめ+スコープ等を取り付ければ例えば10mで2cm以内に集弾させられるような精度や、40m以上の有効射程も持っているので、まったくもって侮れない。
双方ともヒットを取る実力は甲乙つけがたいが、マルゼン CA870 で隠れながらピンポイント狙撃する戦法のほうが「守り」が固くできるため、総合的には強いと考えられる。しかし”散弾”を利用して、より積極的にショットガンらしく戦えるという意味では M3 や スパス12 に軍配が上がると言えよう。何よりコッキングが硬いため、連射をすると狙いがかなりブレて、結果的に散弾ぽくなる。そして、結局はどちらを使っても「楽しめる」ということは言うまでも無い。好みや気分に合わせて、ハイレベルなショットガンナーを目指してみてほしい。

→東京マルイ M3ショーティー 次のレビュー記事 (vol.2)

東京マルイ M3ショーティー の販売ショップをみる

 

東京マルイ M3ショーティー のヤフオク出品状況

TUNER’Sギャラリーをみるショットガン特集

コメントする