GUN道場レビュー

エアソフトガン、電動ガン、ガスガンのレビューサイト
Subscribe

東京マルイ M19 コンバットマグナム 4インチ (vol.1) ~ ゲームでの戦力化を目指したガスリボルバー!

2010/11/20 By: maxi カテゴリー: リボルバー


東京マルイ M19 コンバットマグナム 4インチ
東京マルイ M19 コンバットマグナム 4インチ
ガスリボルバー

スペック
全長:243mm
重量:535g
装弾数:24発
初速:53.5m/s – 0.2g (0.28J)
・固定ホップアップ機構
・初期型 SMITH&WESSON刻印
・ガンブルー塗装仕上げ

1999年頃に 東京マルイ から発売された ガスリボルバー S&W M19 コンバットマグナム。独創的な給弾機構と、安定性の高いホップアップシステムで、それまでの リボルバー型エアソフトガン の常識を破ったモデルとして登場した。

▼S&W M19 のパッケージ。発売当初は、SMITH & WESSON M19 としっかり書かれていた。
東京マルイ M19 パッケージ

▼4インチモデルは ホーグタイプ ラバーグリップ が標準だが、本品は スクエアバットの オーバーサイズグリップ に変更している。クラシカルで、エッジが立っていてこちらのほうがカッコイイと思うのは私だけだろうか?
東京マルイ M19 コンバットマグナム 4インチ

▼SMITH & WESSON の刻印。この後、COMBAT MAGNUM という刻印に変更されることとなる。
東京マルイ M19 コンバットマグナム 4インチ

高級感ではタナカ ペガサスに大きく道を譲る
シリンダー が金属で、メカニズムも本物と同じ機構を再現している タナカ ペガサス リボルバー に比べると、質感、作動感、重量感など 全ての面で マルイ M19 にオモチャっぽさがあるのは否めない。撃った感じも同様で、メインスプリングにピアノ線を使っているからか、ハンマーがバウンドする感触がある。

▼ダミーのリムが別パーツで再現されたシリンダー後部。固定されているが、雰囲気は出ている。
東京マルイ M19 コンバットマグナム 4インチ

さて、東京マルイ M19 のアドバンテージは、高性能なホップアップシステムによる弾道の安定性は言うまでもないが、簡単に フルサイズ カートリッジ仕様 に変更できる点である。これは、タナカ ペガサス リボルバー には絶対に出来ない。個人的にはやっぱり、 リボルバー は、カートリッジ で遊びたいなと思うわけで、特に マルシン の Xカートリッジ シリーズ(8mm) は大いに気に入っている。東京マルイ の M19 と パイソン は、カートリッジ化したところで、エジェクターロッドが可動しないので、排莢時の雰囲気はイマイチだが、スピードローダー を使った リローディング をする時にはテンションがあがる。次の記事では、カートリッジ方式 への カスタム方法を紹介したい。

→東京マルイ M19 コンバットマグナム 4インチ 次のレビュー記事 (vol.2)

東京マルイ M19 の販売ショップをみる

 

東京マルイ M19 のヤフオク出品状況

TUNER’Sギャラリーをみる★リボルバーカタログ★リボルバー戦

コメントする