GUN道場レビュー

エアソフトガン、電動ガン、ガスガンのレビューサイト
Subscribe

クラウン S&W M586 4インチ ガスリボルバー ~ リーズナブルでも侮れない射撃性能

2011/10/24 By: maxi カテゴリー: リボルバー


クラウン M586 ガスリボルバー
クラウン S&W M586 4インチ
ガスリボルバー

スペック
全長:253mm
重量:584g
装弾数:カートリッジ式6発
初速:72.9m/s (0.53J / 10月計測)
・シングル/ダブルアクション
・固定ホップアップシステム

実銃の背景
1980年に開発された、M19の進化型ともいえるリボルバー。357マグナム弾の使用において耐久性が不足していたM19をひとまわり大きくし、耐久性を高めたのが M586 である。コルト・パイソンに似た、エジェクターロッド・ハウジングをもち、射撃時の反動を抑えるデザインとなっている。

現在のエアガンでは超レアとなってしまった、S&W M586 ディスティングウィッシュト・コンバットマグナム。80年代の TVドラマ あぶない刑事 の 鷹山刑事(タカ) が使っていたことで、ある程度の年齢層の人には有名な銃である。コルト パイソン と同クラスのため、非常に使いやすいサイズで、デザインバランスも良いので、是非タナカペガサスシリーズや、マルシン Xカート仕様なども販売して欲しい所だ。

クラウン M586 ガスリボルバー

クラウン の リボルバーシリーズ はかなりのロングセラーで、20数年以上前から、組み立て式エアーリボルバーという原型が存在していた。現在も一万円以下の低価格帯の リボルバー市場を支えている。その中でも M586 は新しいモデルといえるだろう。

よく再現されたデザイン
マルシン M586 モデルガンと比較しても、ディティールはなかなか良く再現していてカッコ良い。全体的なサイズはリアルで、バレルには「SMITH & WESSON」と入り、雰囲気も抜群だ。ただし、サムピース下のマークとグリップのメダリオンはアレンジ型で、本来S-WのところがC-Wと入っている。
あとは、ハンマーノーズが再現されていない点と、トリガーのアーチ角度が異なる程度である。トリガー、ハンマー、サムピースなど主要パーツは金属製で、S&W共通の、サムピースを前方に押してシリンダーをスイングアウトする仕様を再現している。

▼上が クラウン M586 、下が マルシン M586 モデルガン
クラウン M586 ガスリボルバー

カートリッジは空薬莢タイプの真鍮製で、リアルな雰囲気を醸し出している。BB弾はカートリッジの後ろから込めるため、カートを取り出さなくても弾は補充が可能となっている。エジェクターロッドはストロークこそ短いが、ライブ可動する。

▼エジェクターロッドは5ミリほど可動する。空薬莢タイプのため、撃ち終わって捨てる時は最高にリアル。
クラウン M586 4インチ ガスリボルバー

適合するスピードローダーは?
残念ながら、リム径が11.5mmと大きく、38スペシャル、357マグナムサイズ(リム径11mm)のスピードローダーには入らない。44マグナムサイズでは当然大きすぎるので、41サイズなら入るのかもしれない。せっかくのカート式なので、スピードローダーでも遊びたいところだ。

クラウン M586 4インチ ガスリボルバー

カートリッジとチャンバーは弱いスプリングテンションがかかっていて、ある程度密着するようになっている。発射音は低めだが、やや大きく破裂音が響く。あとは、バルブを叩いたときにハンマーが若干バウンドしている感覚が少しだけ気になったところ。

▼透明のホースがガスを導く、エアーリボルバーと同じ仕様。
クラウン M586 4インチ ガスリボルバー

▼ガスはグリップ底から注入するが、バルブからすぐ噴出してしまい、あまり入っていかない。ダイキャストのウエイトはヒートシンクも兼ねているように見える。
クラウン M586 4インチ ガスリボルバー

侮れない実射性能
実射性能は、リボルバーとしてはかなり安定している。14mのシューティングレンジで12cmの的に1/6の確率で当たるかどうかの精度で、6発のうち3発はターゲット周辺に着弾、1~2発は左右か上下に大きく外れる感じだった。これは、充分に狙っていけることを意味し、タナカ ペガサスと同等か、こちらのほうがやや上と思える。東京マルイ製のリボルバーよりパワーもあり、ゲームで充分使えるのではないだろうか。
M586 はデザインもカッコよく、サイズ的にも扱いやすいので、リボルバー好きなら是非試してみてほしい一挺だ。

クラウン M586 4インチ の販売ショップをみる

 

クラウン M586 4インチ のヤフオク出品状況

TUNER’SギャラリーをみるリボルバーALLカタログリボルバー戦

コメントする