GUN道場レビュー

エアソフトガン、電動ガン、ガスガンのレビューサイト
Subscribe

第52回 静岡ホビーショー 東京マルイ 新製品

2013/5/16 By: maxi カテゴリー: 新製品


2013/5/16 現地速報レポート
2013hobbyshow-ent
静岡ホビーショー(業者日)9:30から。

話題の新次元ニューカテゴリーエアガンは…
発射サウンド付 VSR10 (プロハンター/Gスペックタイプ)
2013hobbyshow-vsr10-sound
2013hobbyshow-vsr10-sound2
ヘッドフォン(イヤホン)で実銃の発射サウンドが楽しめるという新しい付加価値が加わった製品が登場。エアソフトガンでは今までに無かった形のバーチャルリアリティの追求といえる。
個人的には、前々からTOPのEBB-M4にサウンド機能が欲しいと思っていたが…
本体はGスペックデザインのプロハンターで、中身はリアルショック仕様になっているので、反動+音を体感できるというわけだ。HQ東海でもシューティングレンタル用に是非導入してみたい。

M320A1グレネードはカートリッジタイプ
2013hobbyshow-m320
18発を同時発射し、20m先に2㎡の範囲で狙って着弾させられるという実用性を重視した仕様。カートリッジは、ガスを充填する方式ではないため110gと軽量。

レミントンM870は3-6発発射切り替え可能なガスショットガン
2013hobbyshow-m870
・メタルアウター+メタルレシーバーで、コッキング音までリアルな仕上がり。
・ガスタンクはマルゼンと同じようにストック内に搭載。
・既存の30発シェルを使用し、3本バレルで発射。
・ボルトカバーの内部に3-6発の切り替えスイッチがある。
6発発射でも全弾にホップがかかる、ダブルホップアップシステムを採用。
・初速は70~60m/s台とのことでなかなか頼もしい実射性能。発射音と着弾音も良い。
6発発射の制圧力は目を見張るものがあり、市街地やインドアなどのCQBで活躍できそうだ。今後の展開は未定ながらも、ピストルグリップのショートモデルなども開発予定だとか。モスバーグやトレンチガンがラインナップされたら全部買ってしまいそうである。以前、まさに“こんなショットガンが欲しい”コラムで挙げていた理想のショットガンであり、7年越しの夢はついに叶った。

新シリーズ カートリッジ式エアーリボルバー(10歳以上対象)
2013hobbyshow-airrevolver
パイソンとM29のラインナップ。エアーコッキングのためシングルアクションで、弾はカートリッジの先端に詰めるタイプ。クラウンモデルのリボルバーと被るが、リアルなデザインと仕上がりが特徴で、コレクションしたくなるに違いない。

その他
・ガスブローバックのM9A1にステンレスモデルが登場
・サムライエッジA1 ジルバレンタインモデル
・コルトガバメントニッケルモデル
・ライトプロシリーズの一連のモデルが展示

今回のホビーショーでは、最新電動ガンの発表(ライトプロを除く)はなく、マルイとしては新境地といえそうなカートリッジモノが目立った。今までとは違う方向性でリアルさを追求し、ロマン溢れる製品たちであり、これからのゲームの幅を広げてくれることを予感させる。ハイエンドではなくローエンドを広げることで、楽しさは増すと思う。10歳以上用の製品も充実してきており、ライトユーザー層の開拓に再び力を入れていることも感じられる。東京マルイの歴史をみれば、それが本来の姿である気もする。
また今回の東京マルイは、エアガンの射程や命中性能などの画一的な「性能」が全てではないことを発信し始めたと捉えることもでき、今後のサバイバルゲーム界においても意義のある製品群だと思った。ただ、どうしても既存のガスに依存している点が心配ではある。
GUN道場としては今後、ショットガン限定戦やR10定例会(ファミリーゲーム)などを企画して、新たな遊び方の開拓にチャレンジしてみたい。

クラウンモデルの展示品
エアーコッキング・ショットガンの新モデル
2013hobbyshow-crown1

エアーコッキング・ハンドガンは珍しい機種を展開
2013hobbyshow-crown2

エアコキ・ドラグノフのPSO-1タイプ専用スコープ
2013hobbyshow-crown3

2013/5/1 予想レポート
2013年5月開催の第52回静岡ホビーショーでお披露目される東京マルイの新製品を、恒例の東京マルイHP・ティザー広告から予想レポートします。

HK M320A1 グレネードランチャー
2013HS-marui03
前回の全日本模型ホビーショーで登場した、6本のバレルをもつグレネードランチャー。ガス注入口があったが、装填システムなどはまだ不明。

レミントン M870ショットガン
2013HS-marui01
かねてから待ち望まれていたであろう、ショットガンでは定番のモデル。既存の3発エアーのバリエーション展開に留まっている可能性もあるが、M870MCSの展開も期待できるかもしれない。この画像だけではパワーソース、システムとも不明だが、上記のM320A1の6本バレルからも想像できるような、新たな機構を盛り込んでいてほしいものだ。GUN道場でも過去にこんなショットガンが欲しいコラムを紹介していたが、いよいよ真打ちのショットガン登場となるのかもしれない。
だが話題の「新次元システム」とは、このショットガンではないような気がする。ゲームでメインウェポンになりにくいものを、あれほど大々的に宣伝するとは思えないというのが個人的な見解である。

バイオハザード サムライエッジM9A1 ジルバレンタインモデル
2013HS-marui04
先日、シューティングバーEAにて先行でお披露目された、M9A1ベースのガスブローバック・カスタムハンドガン。

コルト パイソン 357マグナム
2013HS-marui02
ここにきてコルトパイソンとは謎の発表。サイドプレート(フレームカバー)を固定するネジが従来のものと異なっているように見える。二度目のバージョンアップなのか、システムを一新するのか、はたまたモデルガンなのか分からないが、リボルバー好きとしては楽しみである。

上記の内容から、特に目新しさを感じるものが無かったこともあり、ますます新次元システムというものが気になってしまった。電動ベースなのか?ガスを使うのか?などいろいろ想像して、期待しすぎてしまうが、公開までもうしばらく待ちたい。

第52回 静岡ホビーショー 東京マルイ 新製品 へのコメント:2件


  1. maxi さんのコメント:

    私も最初そう思ったのですが、調べてみるとサイドプレートの形状とネジの位置がやっぱりパイソンのようなのです。なぜまたパイソン?という謎に加え、ネジが従来のものと違うのがさらに謎です。参考:コクサイ パイソン(モデルガン)

    1
  2. wolfman さんのコメント:

    昔マルイの新商品案内に出てた記憶があるので、リボルバーはキングコブラじゃないかと思うんですが…

    2

1 トラックバック/ピンバック

  1. 整地状況 - HQ ヘッドクォーターズ東海 17 05 13

コメントする