GUN道場レビュー

エアソフトガン、電動ガン、ガスガンのレビューサイト
Subscribe

東京マルイ AK102 次世代電動ガン ~ 戦いの匂いがする 現代AKバリエーション

2010/3/03 By: maxi カテゴリー: ライフル


東京マルイ AK102 次世代電動ガン
東京マルイ AK102
次世代電動ガン

スペック
全長:848mm
重量:2900g
装弾数:480発/74発
参考初速:93m/s (0.86J)
・5.56mmNATO弾バージョン 480連射マガジンを標準装備
2009年10月発売

AK100シリ-ズの海外輸出用として、M4A1 で使用されている 5.56mmNATO弾 を使えるようにしたのが AK102 である。カービンサイズのバレル長設定で、そのショートバレルに合わせたフラッシュハイダーを採用し、レシーバー左側面にはマウントベースを装備している。

戦闘的なAKが登場
AK102 は 全長が848mmとなり、M4A1 の851mmと比べても同等のサイズとなっている。取り回しやすく、かつ実射性能も確保できるサイズとなり、ゲームでの汎用性も非常に高い。サイズの近いものでは AKS74U が挙げられるが、AKS74U はそのままではオプションパーツが付かないシンプルな仕様となっており、ドットサイトなどの光学機器やグリップ・サポートパーツを手軽に装着して運用したい方には、このAK102のカスタムモデルがオススメとなる。

ダイレクトにリコイルが伝わるスケルトンストック
AK102 や AKS74U クリンコフ は、小型軽量なうえに振動吸収のない「メタルストック」のため、振動が強めに伝わってくる。プラスチックストックバージョンである AK74MN は、ストック自体が振動や音を吸収するためか、比較的マイルドなリコイルになっている。 AK102 のほうは発射サウンドも金属音が響くので、AK74MN や AK105 (コンバージョン) とは違った撃ち味になる。今のところ次世代AK系で最もリコイルがハードなのは AKS74U になるが、 AK102 も負けてはいない。

Lipoバッテリーとの相性もバッチリ
次世代AKシリーズをリポバッテリー(7.4V)で回すと、当然回転は上がるが、特に不安感はない。何よりセミのキレが素晴らしいものになり、=リコイルショックにも鋭さが増すというものだ。システム的にも多少の高回転化への許容度は高いかもしれない。なお、ウエイトの駆動方法の違いによるものと思うが、次世代M4ではあまり高回転をさせるとメカ周りにダメージを与え、何かと不具合が発生してしまうようなので注意したほうが良さそうだ。

▼アッパーのハンドガードを、スッキリしたスタンダードタイプに換えてみる。アンダー側のハンドガードは、 AK102 のサイドレールが、握る手のストッパーとなってしっかり保持でき、なかなか使いやすいのでそのまま使うのも良い。
東京マルイ AK102 次世代電動ガン

フラッシュハイダーを交換
ノーマルのノベスケ風ハイダーは、デザイン的に好みの分かれるハイダーである。どちらかというと好みではないという声を周りからも聞くが、私も要らなかったほうだ。ハイダー単品の重量も軽くはない…ということで、ここでは早速換えてしまう。

■LCT AK104 (コンバージョン) のハイダー
スチール製で、角の丸いリアルなラッパハイダー。ネジ径はピッタリ同じで、カンタンに付け替えられた。

■マルイ AKS74U のハイダー(写真無)
ダイキャスト製で、角の立ったラッパハイダー。マルイ純正仕様だけに、もちろん入れ替えは問題ない。しかし AKS74U の短いバレルにあわせた専用ハイダーということで、AK102 / AK104 / AK105 タイプより少しケースが長い仕様となり、リアリティの面では AK102 に付けるのはちょっと違うのかもしれない。

▼タンゴダウンタイプのフォアグリップ+純正サイドステー+オープンドットサイト装着。ラッパハイダーにより、フロントがずいぶん軽量化される。そしてこの組み合わせはコントロール性も非常に高くなり、とくにCQBに適した実戦仕様となる。
東京マルイ AK102 次世代電動ガン

東京マルイ AK102 次世代電動ガン

▼メタルギアソリッド4 (MGS4 イラスト)にも出てきた、プラストックの AK102 を再現。しかしサバゲーでは、単に刺激を求めて、よりリコイルショックのハードな、スケルトンストックバージョンを使うことになりそうだ。しかし、いつ見てもAK100系の不恰好さ(カッコよさ?)は、「蒸気機関車」のように見えてならない。
東京マルイ AK102 次世代電動ガン

メタルギアソリッド4 スネーク AK102

▼AK102 – AK74M (AK105) マガジン比較
実銃では使用する弾薬の違いにより、マガジンのカーブが異なる。 AK102 は、ほぼ直線ともいえる形だ。 AK102 のスペアマガジン(単品)は、残念ながら今のところ販売の予定は無いとショップでは聞いている。ちなみに中身は AK74MN と同じで、ケースの形状が違うのみ。
東京マルイ AK102 マガジン比較

▼フラッシュハイダーの切り欠き位置 トリビア
フロント部分
上: AK104 (LCTコンバージョン)
下: AK102
東京マルイ AK102 マズル比較

マルイ AK102 と LCT AK104 キット の決定的な仕様の違い
参考サイト http://www.avtomats-in-action.com/parts7.html (海外)
→翻訳すると…ロシア版の戻り止めは高くて(11:00方向)丸く、ブルガリア版の戻り止めは低くて(10:00頃)角ばっている

LCT AK104 フロントキット
ブルガリアのAKを再現、LCTのフロントサイト+ハイダーなら切り欠きは水平になる
マルイAK102
ロシアのオリジナルAKを再現、ピンの位置が上方にあるため、LCTのハイダーを付けると切り欠きが「4:50」の位置になってしまう。ZENのAK105フロントキットに付属するハイダーであれば水平位置で固定できる。

東京マルイ AK102 ハイダー固定ピン比較

AK102 は次世代電動ガンの中でも、最も拡張性が高く、色々な外装パーツや光学機器を付け替えて遊べるので、楽しい一挺だ。射撃性能もスナイピングから突撃までこなす万能選手であり、ゲームでも大いに活躍できるに違いない。

東京マルイ AK102 の販売ショップをみる
[rakutenitem keyword=’マルイ AK102′ sort_type=’6′ category=’101164′]

東京マルイ AK102 のヤフオク出品状況

TUNER’Sギャラリーをみる

東京マルイ AK102 次世代電動ガン ~ 戦いの匂いがする 現代AKバリエーション へのコメント:12件


  1. maxi さんのコメント:

    >ルカパパさん
    プレスのアッパーガード、カッコいいですよね!私も気になっていました。
    実際に付けていないので何とも言えないのですが、プレスのガワだけ+純正の前後キャップなどの組み合わせで、加工せずに簡単に出来るような気もします。(実際に構造を見てみないと分かりませんが..)
    あとはバッテリーが見えてしまうのを何とかしたいですね。800mAhリポなど小さいものを入れれば良いのかな?とも想像します。

    1
  2. ルカパパ さんのコメント:

    ご質問があります。
    LCTの下記のアッパーハンドガードはAK102に付きますか?

    中のガスチューブはあるとバッテリーが入らなくなるので、切断しようと思います。又、ハンドガードのリアキャップ(後ろ側の金具)の形状が違うように見えるので、ここはマルイ純正のリアキャップを付けられたら付けようと考えています。

    マルイの次世代AKにLCTのパーツを組むのは簡単にはいかない気がしますが、ご意見をよろしくお願いします。

    LCT-PK-048 ガスチューブ&放熱孔アッパーハンドガード
    http://shop.flat-airsoft.com/shopdetail/027004000077/brandname/

    2
  3. きしめん さんのコメント:

    はじめまして
    画像にあるように、スタンダードタイプのハンドガードはどこに売ってありますか?
    マルイAK102に付けたいのですが…

    3
    • maxi さんのコメント:

      > きしめんさん
      スタンダードのハンドガードは、AK74MNのものですので、マルイ取り寄せで入手できると思います!

      4
  4. とっと さんのコメント:

    質問です

    AK102で74のマガジンは使えるのですか? AK102を買おうと思うのですが、マガジンが単体で売られてないとなりますと、 サバイバルゲームで使う分にサブマガジンが無いことになります。
    AK102では他のAKのマガジンは使えないのですか?

    5
    • maxi さんのコメント:

      >とっとさん
      次世代AK74系は全部共通で使えますよ。
      細かいことをいえば、74マガジンに換えた瞬間に、AK102ではなくなってしまいますが(笑)
      102のマガジンも販売して欲しいところですね。

      6
  5. JUNNY さんのコメント:

    以前、
    マルイ AK105 ~射撃テスト 有効射程 参考値~
    のページで書き込みさせていただいたJUNNYと申します。
    MAXIさんがマルイのAK102でMGS4仕様のAK102を再現されるのを心待ちにしておりました。 やはりAK102はこの形が一番カッコいいですね。
    そこで質問させて頂きたいのですがLCTのハイダーは
    マズルロックピンは掛かりますでしょうか?
    ハイダーのスリットは水平になりましたでしょうか?
    当方もMAXIさんの影響を受けてマルイのAK102でMGS4仕様のAK102を作成しているのですがハイダーが上手いこと水平になってくれません。
    ちなみにランドアームズ製のハイダーを使用しております。 LCTのハイダーでしたら水平になりますでしょうか? 詳細を教えて頂けますでしょうか?
    お手数をお掛けしますがどうか宜しくお願いします。

    7
    • maxi さんのコメント:

      >JUNNYさん
      いつもご覧いただきありがとうございます。

      > LCTのハイダーはマズルロックピンは掛かりますでしょうか?
      →問題なく掛かります

      > ハイダーのスリットは水平になりましたでしょうか?
      →ロックピンの位置で止めると水平にはならず、前から見て「4時50分」の方向に傾いていますね。お恥ずかしいことに今まで、水平かどうかをまったく気にせず、そういう仕様だと思って止めていました。ちなみにマルイAKS74Uは水平ですね。

      LCTのHPをみても水平に見えますし、さらにちょっと調べてみたらホンモノのすごい拡大写真が出てきました。http://www.avtomats-in-action.com/pro24.html
      やっぱりスチールの質感は違うなあ、とつい見入ってしまいましたが、
      結論的にどうなんでしょうね・・・この斜めの理由は、もうちょっと調べてみることにします。

      参考情報 http://www.x-fire.org/aeg_other/ak74_100muzzle.html
      PDIのハイダーがAK104型の切り欠き位置なので、AK74MNに付ける場合はネジロック剤などで位置を固定するように書いていますね。

      8
    • maxi さんのコメント:

      >JUNNYさん

      追伸ですが、さっき見つけた海外サイトを見て、早速並べて見比べてみたところ、マルイAK102とLCT-AK104は決定的に仕様が違っていました・・・
      http://www.avtomats-in-action.com/parts7.html
      冒頭の、RUSSIAN AND BULGARIAN COMPARISONSの部分では右がロシア版だといっています。

      →翻訳
      ロシア版の戻り止めは高くて(11:00方向)丸く
      ブルガリア版の戻り止めは低くて(10:00頃)角ばっています

      LCT-AK104 …ブルガリアのAKを再現、LCTのフロントサイト+ハイダーなら切り欠きは水平

      マルイAK102…ロシアのオリジナルAKを再現、ピンの位置が上方にあるため、LCTのハイダーを付けると「4:50」の位置になってしまいます。

      ということで、ロシアンAK100仕様のハイダーorフロントキットを探すか、LCTのフロントキットへ換装すれば、JUNNYさんのおもわく通りになるのではないかと思います。 何だか、随分マニアックになってしまいましたが、良い勉強になりました。
      撮った写真もアップします!

      9
      • JUNNY さんのコメント:

        MAXIさん早速の詳細なお答えを頂き本当にありがとうございました。
        ブルガリア版とロシア版があったのは全く知りませんでした。 こちらこそとてもよい勉強をさせて頂きました。
        マルイのAK102はハイダーなどの形がブルガリアっぽいのでせっかくならフロント部分もブルガリア版にして欲しかったですね。 試しにハイダーを締められる所まで締めてみましたら水平位置で止まりました。 ちなみにマズルロックピンが押し下げられたままの状態なのでこのままだとテンションスプリングがバカになりそうな気もしますが。
        只今、マズルロックピンを外すことが出来ないか試行錯誤しております。
        これからも色々なレビューを楽しみに拝見させて頂きますので頑張って下さい。

        10
  6. T&K さんのコメント:

    MAXIさん、いつものグッドなセンス、感服致します。私もこれと同じ事を画策していたのですが財力がないのと、所有しているクリンコフや74MNとはマガジン形状が違うためどうしようかと思っていたのですが、やっぱりいいですねぇ。ところでLCTのハイダーって単品で入手出来る物なのでしょうか。お時間のある時に教えて頂ければ幸いです。

    11
    • maxi さんのコメント:

      >T&Kさん
      いつもコメントありがとうございます。 LCTはショートバレル込みのフロントキットを当初買いましたが、今は各単品も出てるようですね。
      http://www1.odn.ne.jp/worldwide/ww-lct-hider.html

      あとヤフオクでも「AK104 ハイダー」でランドアームズ製のものが出てきます。2400円となかなかお手ごろです。M22の正ネジが該当します。
      http://auctions.yahoo.co.jp/jp/
      ぜひ思い通りのAKを作ってみてください!

      12


コメントする