GUN道場レビュー

エアソフトガン、電動ガン、ガスガンのレビューサイト
Subscribe

マルシン S&W M36 チーフスペシャル 6mm ~ リアルさを増した Xカートリッジ

2012/1/26 By: maxi カテゴリー: リボルバー


マルシン S&W M36 チーフスペシャル
マルシン S&W M36 チーフスペシャル 2インチ
Xカートリッジ
6mm ガスリボルバー

スペック
全長:163mm
重量:390g (カートリッジ装填時)
装弾数:5発 6mmBB弾
参考初速1:39.5m/s – 0.2g (0.15J 1月計測)
参考初速2:45.9m/s – 0.2g (0.21J 1月/タンクを直接手で加温)
・ABS仕様 (マットブラック仕上げ)
・シングル / ダブルアクション
・固定ホップアップ
発売日:2012年1月20日

←マルシン S&W M36 チーフスペシャル 8mm のレビュー記事

6mm Xカートリッジ版が登場!
マルシン S&W M36 チーフスペシャル に 待望の 6mmバージョンが追加となった。しばらく 8mmモデルが販売されていたが、8mmは口径がリアルな反面、BB弾が高かったり、ゲームで使うにはイマイチな面があったのは否めない。また、Xカートリッジの仕様も、決して満足いくものではなかった。6mm仕様になって、劇的に変わったのは、やはり Xカートリッジ で、重量が1個あたり 17g(8mm版の約2倍) となり、BB弾を先端に手で込められる仕様となった。これは、他の Xカートリッジ と同様で、非常に扱いやすい。(→ Xカートリッジ比較表[GUN道場])
そして、ABSフレームながらも、全体の重量が以前のヘビーウエイト版と同じになり、手にズッシリとくるようになった。

▼ .38スペシャルサイズ の 6mm Xカートリッジ
6mm Xカートリッジ 38SP

▼最近のマルシン製品に共通する、極限までシンプルなパッケージ。個人的には、以前のカラフルでオモチャっぽい化粧箱よりも、銃らしくて良い気がする。
マルシン S&W M36 パッケージ

▼取扱説明書は8mm版が付属し、捕足の説明書が付いている。
マルシン S&W M36 取扱説明書

▼カートリッジ後端には気密のためのOリングがはまっている。まれに、落ちることがあるので注意が必要だ。
マルシン S&W M36 チーフスペシャル

トリガープルの感触は 8mm版と同様である。シングルアクションはかなり軽いが、ダブルアクションは、何かを乗り越えるような重さがあり、一気に引ききらなくてはいけない。タナカ M36 チーフ の珠玉のトリガープルとは雲泥の差があるが、フォーシングコーンが作動するための抵抗というよりかは、単にメカが渋いだけのようにも感じる。使い込んでいって、だんだん馴染んでアタリが付いていく過程もまた楽しいことだ。

マルシン M36 チーフスペシャル 6mm Xカートリッジ

▼ハンマーノーズが可動式のダミーながらも再現されている。やはりS&Wリボルバーにはこのトンガリが欲しい。全体的に、造りは8mm版と同じだ。
マルシン S&W M36 チーフスペシャル

HKS スピードローダー は、8mmカートの時と同様、そのままではカートリッジのロックが固い。底にあるロック用のツメの頭を少し削ると、スムースにセットできるようになる。
マルシン S&W M36 チーフスペシャル スピードローダー

▼是か非か、Xカートリッジシリーズは、38スペシャルの ダミーカートリッジ、または モデルガン用カートリッジ がそのまま入り、前方に弾頭が覗く。何だかドキドキしてしまうショットである。
マルシン M36 ダミーカート装填

マルシン M36 ダミーカート装填

初速は8mm版と同等だが、6mmのほうが断然弾が軽いので、8mmに比べてガス放出量のチューニングがされているのであろう。それほどパワーはないが、銃の性格からして、完全なバックアップ用と考えたほうが良い。そういえば ゴルゴ13 もこの銃をバックアップに持ち、電光石火の早撃ちで敵を倒していた。
今回、BB弾の保持位置がカートリッジの先端になったことで、命中精度にどう影響しているか、近々、実射性能もテストしてみたい。また、次回のリボルバー戦でも活用してみる予定だ。

マルシン M36 チーフスペシャル の販売ショップをみる

 

マルシン M36 チーフスペシャル のヤフオク出品状況

TUNER’Sギャラリーをみるリボルバー特集ページ

コメントする