GUN道場レビュー

エアソフトガン、電動ガン、ガスガンのレビューサイト
Subscribe

東京マルイ ステアーHC ハイサイクル ~ 最大の戦闘力

2012/5/31 By: maxi カテゴリー: ライフル


ステアー AUG HC (ハイサイクル) タンカラー
東京マルイ ステアーHC (ハイサイクル) タンカラー

スペック
全長:610mm
重量:2680g
装弾数:330発
参考初速:86.7m/s (0.75J)
フルオート回転数:1307rpm (毎秒21.7発/7.4V1100mAh使用)
メーカー希望小売価格:34,800円
2012年5月30日発売 GUN道場PRODUCTS取扱い有

装備
* アローダイナミック トリジコンタイプ リフレックスサイト

最大の戦闘力を発揮するハイサイクルモデル
東京マルイのハイサイクルシリーズ電動ガン第5弾 ステアーHC に タンカラーモデルが追加となった。ハイサイクルシリーズは、初心者を中心に人気があるようだが、効率の高いメカや、セミオートのレスポンスの良さ、コンパクトで目新しいデザインのボディなど、新鮮で魅力的な部分をおおいに持っている。私も ステアーHC タンカラーは発売を待っていた。
ステアーHC を構えてみて、まず言えることは、全長610mmと非常にコンパクトかつ軽量で、重量バランスも良い点が挙げられる。グリップにちょうど重心があるので、片手でもラクに操作できる。グリップの細さも扱いやすさを感じさせる点だ。また、露出したバレルが無いに等しいため、回頭性がよくCQBにも向いている。

軽量のわけ
ステアーHC が スタンダード ステアーAUG よりも軽量なのは、アウターバレルがほぼ”無い”点と、外装パーツが殆どプラスチック製であるためだ。トップレイル、アンダーレイルともにプラスチックで、金属パーツはマズルとレシーバー(コッキングレバー周辺)部分のみとなっている。さほど強度に心配はなさそうだが、ぶつけたりすると簡単に変形してしまうので、丁寧に取り扱いたいところである。

ステアー AUG HC (ハイサイクル) タンカラー

半端ではない弾の消費量
ステアーHC は機動性と火力が非常に高いという一面はあるが、高火力ゆえに、すぐに弾が切れてしまう点は注意しなければならない。特に、弾数制限を設けたゲームの場合、メリハリのある撃ち方をしていかないと、弾切れで戦力を失うという悲しい結果になりかねない。メリハリのある、とは、セミオートで対応するべき戦局と、フルオートで対応する戦局をちゃんと見極めていかねばならないということである。そこが面白い部分でもあるが、考えているよりも弾が出すぎるので、かえって扱いが難しいと思ってしまったりもする。
弾数制限が無いゲームなら、思う存分撃ちまくれるのかもしれないが、全員が同じ条件であるため、全く身動きのできないゲームになってしまう可能性もある。これだけの高速弾幕を張り合っていたら、バリケード等から移動するチャンスはつかみにくい。人数が多ければなおさらであろう。

ステアー AUG HC タンカラー

ハイサイクルモデルは、ヒットされる側としては、1ヒットで一気に5発以上食らう可能性が高く、とくに至近距離戦では非常に恐ろしい存在だ。使用するプレーヤーもそういった点に配慮して、高火力で”しか”制圧できない、とか、熱くなって無駄に弾をばらまいてしまうような使い方は、是非避けていただきたいものだ。

今回のスペックテストでフルオート回転数が、公称値(秒間25発)よりも低くなっているのは、リポバッテリーの電圧(最大8.4V)のせいだと思うが、それでも充分に速い。ちなみにリポバッテリーは7.4V2000mAh2400mAhが適合する。

デザインやバランスが良く、拡張性に優れた ステアーHC は、初心者のみならず広くお勧めできる一挺だ。是非この新鮮かつ斬新なデザインを楽しんでいただきたい。

東京マルイ ステアー HC の販売ショップをみる

 

東京マルイ ステアー HC のヤフオク出品状況

TUNER’Sギャラリーをみる

東京マルイ ステアー AUG スペシャルレシーバー ~ ショートバレルで戦闘力アップ!

2009/4/08 By: maxi カテゴリー: ライフル


東京マルイ ステアーAUG ショートカスタム
東京マルイ ステアー AUG スペシャルレシーバー

スペック
全長:805mm
重量:3400g
装弾数:64発/330発(オプション)
参考初速:83m/s (0.69J)

パーツ換装
・東京マルイ AUG ミリタリータイプ レシ-バー(1.5倍スコープ/生産終了品)
KM ステアーAUG用 スチール ショートアウターバレル
・KM 363mm インナーバレル(6.04mm)

実銃の背景
オーストリアSteyr Mannlicher社が1978年頃に開発した軍用アサルトライフル。トリガーよりも後方に機関部を置くブルパップ型を採用し、銃身長を確保したまま全長を短くしている。銃全体が7個のモジュールパーツで構成されており、モジュールを交換することにより、様々な用途に応じた火器となることも特長である。

東京マルイ ステアーAUG ショートカスタム

ブルパップのアドバンテージ
東京マルイ ステアー AUG は安定した性能やバランス感の良さで、今でも充分にゲームで通用するモデルである。何よりもその独特のスタイルは洗練されていてカッコ良い。発売当初は、アウターバレルやレシーバーがガッチリ金属製であることが珍しく、その剛性感や重量感に驚いたものであった。ワンタッチで分解できる構造も非常に便利である。また、ストック内にメカを収める構造上、静音性にも優れており、さらにメカノイズを減らすチューンなどもしやすい。

東京マルイ ステアーAUG ショートカスタム

ブルパップは実際のゲームにおいても下記のようなアドバンテージがある。実銃がそうであるように、全長短縮による取り回しと、射撃安定性の双方を両立しているデザインである。

片手運用がしやすい
 アタッカーにとっては、いざというときに片手で振り回しやすい点は、機動力において有利になる。
狙撃が安定するデザイン
 日本人の体系にも合った適度なサイズのストックと、フロントのフォアグリップにより、射撃の安定感は非常に高い。また、グリップの細さも射撃時の安定に一役買っているように思われる。

同じく ブルパップで、同等の取り回しの良さがある FA-MAS は、フレーム強度面(=遠距離安定性)で現在の基準からはやや離れてしまっているが、 AUG は現在でも通用する安定性を誇る。また、P90との比較においては、ライフルサイズの AUG の構えやすさにアドバンテージがあるといえるだろう。

特徴的なトリガーシステム
AUG は、トリガーの引きしろでセミ・フルが切り替えられるが、プラ製のクリックパーツで制御しているのみなので、セミオート戦ではやや気を使うかもしれない。なお、構造上、トリガーを戻すリターンスプリング(バネ)が長く、ギターの弦のようになっているため、共振の音が気になる場合は、ストローなどをスプリングに通しておくと静かになる。(ストローの場合、径4mm、長さ2cmくらいにカットして使用)

▼ノーマルのレイルタイプ・スペシャルレシーバーに、シュアヒットのACOGドットサイトを装着。
東京マルイ ステアーAUG ショートカスタム

気になったところ

330連射マガジンの給弾不良
エクセルバイオBB弾を使用したときに、弾の送り込み回転部分に弾3コが噛んでロックし、ゼンマイが巻けなくなるケースがあった。その場合は一度分解して挟まった弾を取り出してやるしかないが、幸い、内部ユニットがプラスネジ1コで底に固定されているだけのため、分解は容易にできる。マルイのバイオ弾など、少し大きめを使ったほうが良いかもしれない。

テイクダウンラッチの紛失
慣れないうちは、不用意に押してしまったりするが、このボタン一つでフロントの重いレシ-バーがごっそり抜け落ちるため、操作には注意する必要がある。
また、ラッチを押しすぎて板バネを紛失してしまう場合もあるだろう。板バネは単品では販売されておらず、パーツアッセンブリーで700円(+送料190円)かかってしまう。

レビュー総括
ステアー AUG はショートバレルにすると体感重量も軽くなり、取り回しが大きく向上する。個性的なアサルトライフルの選択肢として、またカスタムベースとしても面白いので、お勧めできる一挺である。

→ 次のレビュー記事 ステアーHC (ハイサイクル) タンカラー

東京マルイ ステアー AUG の販売ショップをみる

 

東京マルイ ステアー AUG のヤフオク出品状況

TUNER’Sギャラリーをみる