GUN道場レビュー

エアソフトガン、電動ガン、ガスガンのレビューサイト
Subscribe

タナカ S&W M29 4インチ スチールフィニッシュ ~ 最高峰の輝きと 侮れないポテンシャル

2011/3/16 By: maxi カテゴリー: リボルバー


タナカ M29 4インチ スチールフィニッシュ
タナカワークス スミス&ウェッソン M29 4インチ
ペガサス ガスリボルバー
スチールフィニッシュ

スペック
全長:251mm
重量:740g
装弾数:14発
参考初速 64.9m/s – 0.2g (0.42J)
・固定ホップアップ
・ABS スチールフィニッシュモデル

←タナカ M29 4インチ 前回のレビュー記事

最高峰の輝きと、侮れないポテンシャル
この冬、サバイバルゲームで最も使用した感があったのは、タナカ M29 とエアコキSOCOM Mk23だった。もちろん屋外戦ではなく、インドア・セミインドア戦になるが、使った感があるというのはすなわち、ゲームで予想以上にヒットを取った数が多かったということである。2機種とも最低限の火力しかもっていないが、ある程度のイコールコンディション下では充分に働いてくれた。
タナカ M29 の素晴らしい仕上がりについては、過去のレビューをご覧いただければと思う。なお、このスチールフィニッシュモデルも含めて最近のM29は、グリップ内にもオモリが仕込まれ、相当な重量感を再現している。
「スチールフィニッシュ」のタナカ リボルバーは、ゲームで使うには惜しい位に美しい仕上がりだが、それでゲームをするのもまた格別である。しかも最近のゲームではメインウェポンとして使っていた。

命中精度を上げる
さて、タナカ ペガサス リボルバー は コルトSAA 以外、ノーマルの状態では本来のポテンシャルが発揮されていない。多弾装化による弊害だが、それ以外にも至らない点が所々見られるので、ある程度 チューニング をしたほうが良いだろう。チューニング 内容は当レビューではお馴染みの手法だが、これまで記載していなかった点もあるので、あらためて記載しておきたいと思う。

[1] テフロン加工インナーバレル
確か M29 クラシック を購入した際に、テフロン加工の黒いインナーバレルが装備されていた。そんなアフターパーツがあるのかと探してみたが、見当たらない。恐らく純正だと思うが、調べる術もなく現在でも不明である。
いずれにしても、M29 においてテフロン加工のインナーバレルは、命中精度の向上に非常に役立っている。以前、通常の真鍮バレルと比較テストを行ったこともあるが、明らかに弾道は安定した。推測するに、タナカ M29 はシリンダーギャップを越える際にBB弾が暴れる(変な角度でインナーバレルの壁ににぶち当たる)ようで、その際に真鍮の壁に当たるより、テフロン加工のほうが乱回転が少ないように見受けられるのである。確か、M629パフォーマンスセンター もテフロンバレルだった気がする。

[2] パッキンの切削加工
リューターを利用して、パッキンのフロント外側部分を切削する。さらに6mm前後の丸ヤスリで内部を削って拡張する。これにより抜弾抵抗が下がり、命中精度は上がる。しかし、シリンダー内部にチャージできるBB弾の流出を止めておけないので、引き換えに「6発装填」になってしまう。当たらない14発よりも、当たる6発のほうが使えると考える。

タナカ ペガサス チューニング

[3]ダミーカートリム連結部分の塗装
ダミーリムのつながっている部分を黒で筆塗りするだけで、リアル感が増して印象が異なってくる。

[4] ダミーカートリムの雷管メッキはがし
今回は行っていないが、リューターの「ラバーポイント」を使ってセンター部分を少し削り、地金を出すと雰囲気が出る。

タナカ M29 4インチ スチールフィニッシュ

[5] シリンダーハンドの磨き上げ
シリンダーを定位置で止める「シリンダーストップ」は、シリンダーにキズを付ける要因にもなってしまう。コンパウンドで磨きあげることで表面をツルツルにして、出来る限りシリンダーへのキズを防ぐ。スチールフィニッシュなどは完全には防げないが、キズの進行は遅らせられる。

タナカ M29 4インチ スチールフィニッシュ

[6] ロッキングプランジャーの磨き上げ
シリンダーの中心部分で、フレームと連結される部分のパーツである。スプリングで押し込まれるようになっており、この動作が固いとフレームのメッキが剥がれてしまう。とはいえ残念なことに、新品購入時点で、メッキは剥がれてしまっていたりするが、進行を遅らせる、あるいはスムーズなスイングアウトをするためにはやっておきたい。具体的には、シリンダー後端を分解してパーツを取り出し、表面をコンパウンドで磨き上げる。その後セラグリス(タミヤ)などでグリスアップして組み立てる。

[7] トリガーとハンマーのケースハードン加工
分解して紙ヤスリなどで磨いてから、キャロムのガンブルーペンを塗る。手軽にケースハードンの風合いが出せるアイテムだ。

[8] キャロム 木製グリップ(紫檀/ローズウッド)
キャロムの木グリは、純正のプラスチック・グリップよりも細身に出来ていて、握りやすさが格段に向上する。決して安くは無いが、非常に満足度の高いチューニングパーツといえる。なお、プラグリップに入っているオモリは使用できないが、木グリの密度が高くてそこそこ重量があるため、重量バランスも極めて良好になる。

[9] 弾はエクセル0.2g弾を使用
小さめの弾を使うことでパッキンの抵抗を最小限にでき、シリンダーギャップの影響も抑えられる。

[10] その他
標準ではセレーション入りのワイドトリガーが装備されているが、ダブルアクションの操作性の面から、M29クラシック に採用されている「セミワイド・スムーストリガー」に変更。

以上、性能に影響しない部分も多く含まれるが、このような項目が「美しく、楽しく使えるペガサスリボルバー」への道ではないだろうか。事実、約20m先でも充分ヒットできる性能が出せるようになり、接近戦では侮れないものになる。

タナカ M29 4インチ スチールフィニッシュ

イーストA 本革ホルスター NO.232 牛革製、サムブレイククロスタイプ シルエットホルスター 357/44マグナム用
射撃競技用の、約55mmまでのベルトに使用できる本革製ホルスター。パイソンやM29にジャストフィットする。比較的安価で丈夫な上に、雰囲気があって良い。

→タナカ M29 6.5インチ のレビュー記事を読む

タナカ S&W M29 の販売ショップをみる
[rakutenitem keyword=’タナカ M29 4インチ’ sort_type=’6′ category=’0′]

タナカ M29 4インチのヤフオク出品状況

タナカ S&W M29 6.5インチ ver.2 ~とどまらない進化

2010/7/08 By: maxi カテゴリー: リボルバー


タナカ S&W M29
タナカワークス スミスアンドウェッソン M29 6.5インチ
ヘビーウエイト バージョン2

スペック
全長:305mm
重量:1110g
装弾数:14発
参考初速:77m/s (0.59J)

ペガサスリボルバーのたゆまぬ進化
つい先日、「ジュピターフィニッシュ」という、ついにヘビーウエイト樹脂にメッキが施されたバージョンの M29 が発売されたばかりで、何かとリボルバーファンに話題を提供してくれるタナカワークス。その リボルバー への情熱はとどまるところを知らないというか、これからも一体いくつのバージョンが出てくるのか、誰も知る由もない。最後に行き着くのは、ヘビーウエイト に スチールフィニッシュメッキ が施されたバージョンではないかと想像したりもする。

しかしいずれにせよ、重量感や表面仕上げ技術の日進月歩はファンには嬉しいことであり、眺めていじって、撃って遊ぶということが、昔に比べて一層楽しめるようになったものだ。酒でも飲みながらいじるのは、何といっても リボルバー に限る。
今回のピックアップは、ヘビーウエイトのバージョン2ということで、バージョン2 になってこれまでよりさらに重量感がアップしている。本体内部やグリップ内にウェイトが入れられたことで、金属モデルガン並みの重量を再現しているというものだ。
動作に関しては、既に完成されており、S&W の驚くほどスムーズで均一な引き心地のトリガープルは絶品だ。

ダーティハリー でお馴染みのこの 6.5 インチスタイル はやはりカッコいい。他に所有している M29クラシック の フルラグバレル も魅力的だが、やはり M29 の定番デザインは捨てがたい。一体何年の間、この「 S&W M29 」を見続けているのか分からないが、まったく飽きが来ないのが不思議なところである。

▼このガンケースはS&Wの刻印入りの本物
タナカ S&W M29 6.5インチ

▼エッジと曲線の組み合わさった美しさは全くもって飽きがこない
タナカ S&W M29 6.5インチ

映画 ダーティハリー お気に入りシーン 1
ハンバーガーをモグモグしながら店を出てくるところは非常に印象的だった。何度観ても面白い映画だ。

→タナカ S&W M629クラシック のレビュー記事も読む

タナカ M29 の販売ショップをみる
[rakutenitem keyword=’タナカ M29 ガス’ sort_type=’6′ category=’101164′]

タナカ M29 のヤフオク出品状況

TUNER’SギャラリーをみるリボルバーALLカタログリボルバー戦

タナカ S&W M29 4インチ ~最高のトリガーフィーリング

2005/11/29 By: maxi カテゴリー: リボルバー


タナカ S&W M29 4インチ
タナカ S&W M29 4インチ (ペガサスシステム)
ガスリボルバー

スペック
全長:251mm
重量:740g
装弾数:14発
参考初速:64.9m/s (0.42J)
固定ホップアップシステム

最高のトリガーフィーリング
タナカ ペガサスS&W M29シリーズは、モデルガンとエアーガンの妥協点を探ったモデルとして、史上最高の出来だと感じる点がいくつかある。サバイバルゲーム寄りに見た場合、「ケースレス」や「手軽さ」を評価できるし、モデルガン寄りに見た場合、「メタルシリンダー」「リアルメカ」を評価できるのである。「カートリッジ」こそ欠落してしまったが、そこを求めるなら、モデルガンを選ぶのがベストな選択ではないだろうか。

そして、リボルバーガスガンとして何が史上最高かといえばまず、その「トリガーフィーリング」にある。過去にマルシン・マルイ・クラウン ・コクサイの各社のガス・リボルバーを手にしてみたが、タナカ製の操作感覚はコクサイの金属製モデルガンに近い高品質な感触である。 なめらかな動作と、シリンダーストップがシリンダー(メタルカバー)に当たる金属音が非常に心地よい。そしてパワー感もあって、撃って楽しい。

ガスガンなのにどうしてこんなに動作が滑らかなのか見ていくと、シリンダー前面とバレルの接触部分が今まで見てきたモデルと異なっている。過去のモデルは、気密性及び一直線性を高めるため大小はあれ、バレル側をオスのテーパー、シリンダ側はメスのテーパーという形でかみ合うよう設計されてきたものが多い。さらにバレル側にスプリングのテンションがかかることで、おそらく気密性能は達成したものの、ダブルアクション時に嫌な抵抗感があった。シリンダーの回り初めに過大な抵抗がかかり、ギクシャクするのである。タナカM29は全くこの設計をしていない。バレル側(フォーシングコーン)には単にOリングがあるのみである。

これはシリンダー内にガスタンクを収めた「ペガサス」システムにより、今までに考えられなかった高いガス効率を発揮できるようになった点と、シリンダー(正確にはガスタンクカバー&ローディングホール)を金属製にしたことで、面精度や回転、ロックの精度を高めることができたゆえ出来た芸当であろう。バレルとシリンダーの直線性もかなり精度が高まっていると見られる。また同じタナカリボルバーで比較してもM19より二回り大きいNフレームのためシリンダーも大きく、安定したパワーを確保できる。ほとんど季節を問わない信頼性は頼もしい。
リボルバーはオートに比べれば効率面でかなわないが、長年培われた「曲面ベースのデザイン」や「ダブルアクション」の味わいは見ていても飽きることが無い。是非ともコレクションしておきたい一挺である。

タナカ S&W M29 4インチ

自然な感触の「ダブルアクション」トリガーシステム
ダブルアクションリボルバーは、ご存知の通り、指でトリガーを何度も引くことによる連射が前提となっている。同じダブルアクションでも、オートマチックはシングルアクションを前提としているので、あくまで安全対策と、不発時の緊急(リトライ)用となる。

リボルバーのトリガー形状や全体のデザインを、オートマチックと比べると違いがよく分かるが、射撃体勢をとったときリボルバーは銃身の軸に対して少し上方から握るようになる。これは、支点を軸に半弧を描くトリガーに対し指が自然に追随する形状となっており、自然に引き絞れるため、連射を繰り返しても疲労が少ない。対してオートマチックは、支点を軸に半弧を描くトリガーに対し、指はまっすぐにしか引っぱれない。また始動時のトリガーまでの距離がどうしても遠くなってしまう。スライド固定式オート とリボルバーガスガンに置いてこの違いは顕著で、断然リボルバーのほうが連射しやすい。特にS&Wシステムのアクションは、トリガーをゆっくり引いても確実な動作を見ることができ、心地よい。

次にハンマーだが、リボルバーはオートマチックのそれよりはるかに大型でストロークも大きいため、ガスガンに置き換えれば簡単にバルブインパクトパワーを得られる。タナカペガサスの場合、さらにパワーロスを極限まで抑えることに成功しているので、ようやくこれで1年中通しても遊べる、信頼性の高いリボルバーガスガンが誕生したといえる。M19、M36など小型のリボルバと比較すると、シリンダー容積の大きさがメリットとなり、安定性に優れている。

さて実射性能だが、M29の固定ホップは0.25g以上の弾でないと上昇してしまうようである。また多弾装填のため、パッキンがタイトになるように作られており、弾に余計なテンションをかけているので、フライヤーが多く発生する。ここは装填数を犠牲にして、パッキンのテンションを落とせば、命中精度も安定化するだろう。
しかしながらシリンダー~バレルの精度が昔より高くなったとはいえ、やはり継ぎ目があるわけで、オートのような命中精度を求めるわけにはいかないだろう。ゲームにおいてノーマルで使用する場合、実際の有効射程は10-15mというところだ。

しかしリボルバーならではのデザインや握り心地、タナカペガサスの質感と連射感覚は、他のガスガンとは違った面白さと満足感が得られるので、一挺は持っておいても面白いのではないだろうか?

→タナカ M29 4インチ スチールフィニッシュのレビュー記事を読む

タナカ M29 4インチのヤフオク出品状況

タナカ S&W M29の販売ショップをみる
[rakutenitem keyword=’タナカ M29 4インチ’ sort_type=’6′ category=’0′]