GUN道場レビュー

エアソフトガン、電動ガン、ガスガンのレビューサイト
Subscribe

東京マルイ グロック18C カスタム (vol.3)

2012/11/09 By: maxi カテゴリー: ハンドガン


G18C custom
東京マルイ グロック18C
セミ・フルオート ブローバックガスガン

スペック
全長:186mm
重量:698g
銃身長:97mm
装弾数:25発/ 50発(ロングマガジン)
参考初速:70m/s (0.49J)

←東京マルイ グロック18C 前回のレビュー記事 (vol.2)

東京マルイのグロック18C(GBB)は、昨年の夏にゲームで多用していたが、リコイルが強くて暴れるので、グロック17カスタムに付いているようなサムレストが欲しいな…などと前々から思っていた。しかし今年はグロック18Cを使う機会が無く、想像の域を脱しなかった。ガスブロ全開シーズンは終わってしまったが、ようやく試してみたので紹介しておきたい。

▼仮組み試作
グロック18C カスタム

グロック18C ⇔ グロック17 互換情報
基本的に、グロック17カスタム→18Cの組み換えをするだけなので、互換性について調べてみた。

・グロック18Cのフレームは、グロック17と互換性がある
・グロック17のサムレストは18Cのセレクターと干渉するので削る必要あり
・スライドやトリガー周辺などのメカ部分はそれぞれ専用で互換性なし
・リヤサイトはそれぞれ専用で、純正レベルでは互換性なし

グロック18C カスタム

今回はまずイメージをつかむために仮組みで写真を撮ってみた。サムレストの加工など、何も行っていないが、セミオートオンリーならこのままいけそうでもある。しかし、スライドを外す際(前方に抜きとる際)につっかえてしまうので、やはりカットは必須だ。
マグウェル(六角レンチ一本で外せる)とバンパー付きマガジンも付け替え。
あとは、フレームをブラックのまま行くか、フラットダークアースで組むか迷っている。ブラックもなかなか精悍で捨てがたい。

しかしやはり、このゴツゴツしたスタイルと、安心感のある握り心地は好みだ。リコイルや撃ち応えは、グロック17よりもグロック18Cのほうが鋭く強いので、カスタムパーツの効果もより一層感じられるのではないだろうか。サムレストを加工したら、実戦投入も含めてまた紹介したいと思う。

▼後日サムレストを加工。スパッとストレートに落とすのではなく造形に変化を付けた。セレクターをセミオートモードにすれば、スライドの分解も可能になっている。
GLOCK18C-CUSTOM

東京マルイ グロック18C の販売ショップをみる

 

東京マルイ グロック18C のヤフオク出品状況

TUNER’Sギャラリーをみる

東京マルイ グロック18C (vol.1) 〜 究極の楽しさ!フルオート・ガスブローバック

2011/7/11 By: maxi カテゴリー: ハンドガン


東京マルイ グロック18C ガスブローバック
東京マルイ グロック18C
セミ・フルオート ブローバックガスガン

スペック
全長:186mm
重量:698g
銃身長:97mm
装弾数:25発/ 50発(ロングマガジン)
参考初速:70m/s (0.49J)

2010年7月9日、東京マルイ から待望の グロック18C ガスブローバックモデルが発売された。数あるエアガンの中でも、最もアクションが激しく、撃ってこの上なく楽しいのが、フルオートのガスブローバック・ハンドガンだ。

東京マルイ グロック18C ガスブローバック

リーズナブルな価格設定
最高の面白さを誇るフルオート・ガスブローバックを、他のハンドガンと同じ価格帯で発売してくれたのは非常にありがたい。これによって一層、とりこになる人が増えるに違いない。ハイキャパ エクストリームも同じ設定だったが、ホールドオープンなど本来の機能がキャンセルされていたこともあり、敬遠した人も多いだろう。

最高のリアリティ
グロック社の刻印や、スライドのデザイン、フルストロークでの動作、コッキングインジケーターの再現など、妥協点は見当たらない。フルオートのサイクルまでもが実銃と同様となれば、コレクターにも嬉しい限りだ。

パンチのあるリコイルショック
静岡ホビーショーで試射した際にも感じたが、何よりKSCのシステム7と同質の、ハードなリコイルショックが、このエアガンをこの上なく楽しいものにしてくれている。
今までのマルイ グロック17とは異質のものであり、スライドの往復スピードの速さと、軽いスライドが後ろにガツンと当たる強さは、明らかにエンジンがチューンナップされている。これまで グロック17 カスタム を愛用していたが、セミオートだけを取っても、その撃ち味は グロック18C に入れ替える価値がある。そしてフルオートで撃てば、その激しさについ笑みがこぼれてしまうに違いない。なお、マルイの グロック18C に限ったことではないが、フルオートで連射すると、チャンバーから煙(ガス)が噴出すのも、リアルで面白い。

▼グロック17 カスタム との参考比較データ
・スライドの重量(リコイルスプリングとバレルを除いた動作部分)… グロック17 と グロック18C ともに97g
・アウターバレルは同じ仕様
※グロック17 のスライドは塗装してあります
東京マルイ グロック18C ガスブローバック

▼グロック18C では、コッキングレバーにローラーが無くなった
東京マルイ グロック18C ガスブローバック

▼左が グロック17 右が グロック18C 。ブリーチの構造が異なり、17との互換性は無い。
東京マルイ グロック18C ガスブローバック

さて、発売日直後はミリブロが グロック18C 祭りになり、色々と素晴らしい動画なども拝見させていただいた。ここでは詳細や長期レビューをいずれ掲載するとして、早速今週末にグロック18Cを使用する機会があるため、サバゲーでの使い方について考えてみたい。

1. サブウェポンとして、ホルスターに入れて持っていく
プライマリーウェポンの弾切れ時や、フラッグなどの拠点突入時など、今までと同じ使い方である。ここで、18Cならフルオートで制圧するという選択肢が生まれる。もちろん今までも、電動グロック18Cというものがあった訳で、制圧力そのものや効率にさほどアドバンテージがあるわけではない。しかしサバゲーは効率よりも、楽しんでナンボであり、最高に楽しめるのがガスブロ・フルオートハンドガンといえるだろう。なお、実銃グロック18Cの射撃方法や実用性などが、マシンピストルの世界(DVD) で紹介されているので、ファンなら是非一度ご覧いただきたいところだ。

2. これ一挺で戦う
フルオートが可能とはいえ、さすがに電動ガンを交えたサバゲーでは、生き残るには相当なテクニックを要するだろう。機動力は最高峰といえるが、いざ撃てばリコイルが強すぎ、ブレて当たらない。練習に練習を重ねて、リコイルをコントロールするのも楽しそうだが、至近距離まで近づいて、2-3人を一気になぎ倒すような使い方をしてみたいところだ。この連射音でいきなり撃ったら、お互いにビックリしそうだ。
なお、仲間うちのハンドガン戦で使う場合では、フルオートを許してくれるかどうかが境目になる。

3. ニ挺拳銃で戦う
フルオートハンドガンのニ挺拳銃は映画でよく見かけるが、現実にやってみるとまったく当たらない。ニ挺拳銃で10m以上先を狙うのは難しく、また、ちゃんと狙わなくても当たる位置には、なかなか敵がいないもので、完全なロマン装備になってしまう。ロマン装備は全く否定しないどころか、どんどんやってみたい方だが、アウトドアでは難しすぎるので、インドアでチャレンジしてみたい。

…ということで、マシンピストルは実銃と同様に、使いどころの難しいウェポンであるといえる。電動ガン戦には不足し、ハンドガン戦には過ぎるので、ゲーム運用(レギュレーション)でバランスを取るのが、最も楽める使い方になるのではないだろうか。

→東京マルイ グロック18C GBB 次のレビュー記事 (vol.2)

東京マルイ グロック18C の販売ショップをみる

 

東京マルイ グロック18C のヤフオク出品状況

TUNER’Sギャラリーをみる

東京マルイ グロック18C ガスブローバック (vol.2) 〜 実戦投入編

2010/7/21 By: maxi カテゴリー: ハンドガン


東京マルイ グロック18C ガスブローバック
東京マルイ グロック18C
セミ・フルオート ブローバックガスガン

スペック
全長:186mm
重量:698g
銃身長:97mm
装弾数:25発/ 50発(ロングマガジン)
参考初速:70m/s (0.49J)

←東京マルイ グロック18C 前回のレビュー記事 (vol.1)

先日のナンバーナイン戦に、東京マルイ グロック18C ガスブローバック をガッツリと投入してみたので、レポートしておきたい。当日はあまりの暑さに、電動 F2000 を早々に仕舞いこんで、ほとんど グロック18C で駆け回った。

軽いことは良いことだ
真夏のハードコンディションの中で、最も貢献してくれたのが、その軽さだ。
これ一挺で赴けば、体力への負荷は相当に低い。遠距離射撃が難しいかと思えばそうでもなく、思ったより遠くまでキレイに飛ぶため、高い戦闘力は秘めているといえるだろう。もちろん、必ず両手でしっかり構えて、数発単位のバースト射撃を行うなど、運用にコツはあると思う。

楽しさ満点!だけど使いこなしはやや難しい
フルオートの激しいリコイルショックと、バカでかいサウンドはもちろん楽しいが、フルオートですぐ撃ち切ってしまうような使い方では、すぐ反撃をくらうし、リコイルによる着弾のブレ、弾切れなどリスクが高い。
トリガーを一瞬だけ引けば4-5発が出るため、今回は、狙撃で面制圧という使い方をしてみたら、結構ヒットが取れた。

弾切れに注意!
今回は25発のノーマルマガジン×3本で運用したが、バーストで撃っても、ともかくあっという間に弾が切れる。
やはり50連マガジンが安心かもしれないが、あの重いマガジンを3本も4本も持つのもかさばるものだ。ノーマルマガジン3-4本程度で、無駄弾を極力押さえたバトルをするのが良い気もした。

スライドが割れる現象
25連マガジンを使用している分には、何も問題なかったが、周囲で50連マガジンを使用している人で、スライドの前面が割れる現象が起こるようだ。50連のほうがリコイルが強烈なため、当然ストレスのかかる部分と思うが、現時点ではマルイで交換を行ってもらえるようなので、割れてしまった場合は早いうちに問い合わせてみるのが良いだろう。(GUN道場PRODUCTSで対策パーツも販売)

今更言うまでもないが、マルイ グロック18C はブローバック・ハンドガンの楽しさが凝縮された、傑作ハンドガンだ。同じブローバックの長モノよりも、機動力や信頼性、命中精度の面で上をいっており、夏のサバゲーには最高の相棒といえる。

東京マルイ グロック18C ブレードテック ホルスター

5.11 ブレードテック ホルスター
東京マルイ の グロック には、ブレードテックのホルスターを愛用している。これはブラックホーク CQCホルスターのようにロック機構が無く、トリガーガードを樹脂の弾性で抑えるだけのシンプルなものだ。手軽に抜き差しできるシンプルさが気に入っており、よほど激しくジャンプでもしない限り、落ちることも無い。東京マルイの グロックシリーズ には実銃のグロック21(45口径)対応のものがベストマッチする。

ナンバーナインの設備増強に感動
ナンバーナインは老舗のサバゲーフィールドで、ファシリティ(設備環境)の充実度はトップクラスだ。しかも山あいにあるため、鳥の鳴き声や空気や水のおいしさに、いつも癒される。
ちょっとしたリゾート気分に浸れるので、気に入っているフィールドだ。
さらに、今回はキャピタル号という荷物運びのキャタピラカーと、フィールド横セーフティに、噴霧器が増強されていた。噴霧器は午後から稼動し、軽く霧を浴びることもできるし、周辺の温度を下げてくれる。ここまでやってくれるフィールドはそうそうない気がする。まだ行ったことのない人は、是非行ってみて欲しい。

→東京マルイ グロック18C 次のレビュー記事 (vol.3)

東京マルイ グロック18C の販売ショップをみる

 

東京マルイ グロック18C のヤフオク出品状況

TUNER’Sギャラリーをみる