GUN道場レビュー

エアソフトガン、電動ガン、ガスガンのレビューサイト
Subscribe

静岡 ホビーショー 2012 東京マルイ 新製品

2012/5/17 By: maxi カテゴリー: 新製品


▼2012/5/17 東京マルイ 新製品 発表内容 速報

1. ガスブローバック MP7A1 (GBB)
 ・2012夏 発売予定
 ・40連マガジン
 ・4段階リトラクタブルストック (電動コンパクト互換)
 ・メーカー希望小売価格:32,800円

2. ガスブローバック M9A1 (GBB)
 ・2012夏 発売予定
 ・可変ホップアップ仕様
 ・デコッキング機能搭載
 ・完全新設計, 最新エンジン搭載, 旧マガジン互換
 ・メーカー希望小売価格:16,800円

3. 電動ガン ハイサイクル PS90HC (P90 AEG)
 ・2012夏 発売予定
 ・ロングアウターバレル仕様 (ショート化可能, エクステンション着脱型)
 ・新型300連マガジン
 ・メーカー希望小売価格:34,800円

東京マルイ公式フォトギャラリー

MP7A1 GBB MARUI

M9A1 GBB MARUI

PS90HC AEG MARUI

<その他 展示品>
・ ガスリボルバー M19 , M66 (13800円/14800円 2012年夏 発売)
・ 電動ガン ハイサイクル ステアー AUG HC タンカラー (5/30発売)
・ 電動ガンボーイズ SCAR-L CQC
・ ブローバック電動ハンドガン M9A1

クラウンモデル 新製品
サイバーガン社 (フランス)とのコラボ商品
・発売日未定

1. 電動ガン F2000 (AEG 輸入販売)

2. コッキングエアーガン ドラグノフ SVD (輸入販売)

3. コッキングエアーガン AK47 (輸入販売)

▼2012/5/09 予想レポート ————————————————–

2012年5月開催の第51回 静岡 ホビーショー でお披露目される 東京マルイ の 新製品 を、恒例の 東京マルイHPトップ ティザー広告から予想レポート。

P90
2012-P90

フレームがアースカラー(FGまたはOD?)となったP90が伺える。可能性としては3つ考えられる。

1. 既存のスタンダード電動ガンのカラーバリエーション
2. 新型 次世代電動ガン
3. 新型 ハイサイクルモデル

一番期待したいのは、もちろん次世代電動ガンだが、こればかりは当日発表されないと分からない。楽しみに待ちたいと思う。

MP7A1
2012-MP7

MP7とは、何も予想していなかった意外なモデルアップ。こちらもいくつか可能性が考えられる。

1. 既存のコンパクト電動マシンガンのカスタムモデル
2. 新型 ガスブローバックモデル
3. 新型 電動ガンボーイズのバリエーション追加

ガスブローバックモデルは、KSCがとうに先行しているうえ、ガスの価格上昇(製造量削減)、あるいは代替ガスは、未解決の課題のままである。
もう一方で気になる点としては、東京マルイのニッカドバッテリーが間もなく全廃となるので、コンパクト電動マシンガンは標準のパワーソースを失ってしまう。 →(マイクロバッテリーEX 500だけはまだ継続する模様だ。)
もちろん対応するリポバッテリーは存在するものの、コン電ファンとしては、このシリーズが存続するかどうかが第一の心配事だ。
なお、上記写真がデフォルトでオプションてんこ盛りな所をみると、電動ガンボーイズの可能性も高そうだ。

M9A1 電動ブローバックハンドガン
2012-M9A1

M9A1は、前回2011年10月の全日本模型ホビーショーで発表されたモデル。間もなく発売も近いのではないだろうか?

M19 / M66 2.5インチ ガスリボルバー
2012-M66

M66 も同様、前回発表されたモデル。M19の復活、M66ステンレスモデルの追加、2.5インチのバリエーション追加は嬉しい。刻印は、COMBAT MAGNUM になると思われるが、 さらに嬉しいことに刻印は SMITH&WESSON が入るらしい。

あとは、ティザー以外の所に本当の目玉があったりするかもしれないので、そちらも期待したい。

東京マルイ FN P90 ~ 超コンパクトボディに秘められた絶大な戦力

2007/4/30 By: maxi カテゴリー: SMG/PDW


東京マルイ P90
東京マルイ FN-P90
スタンダード電動ガン

スペック
全長:504mm
重量:2200g
装弾数:68発 / 300発(オプション)
参考初速:89.0m/s (0.79J)

実銃の背景
1991年にベルギーのFN社が開発したPDW(パーソナル・ディフェンス・ウェポン)が P90 である。ボディーアーマーを貫通する、小型化されたライフル弾形状の専用弾5.7x28mmを使用し、50発もの装弾が可能となっている。他にも、構えると被弾面積を抑えられる独特のブルパップデザインや、下方排莢システムなど、さまざまなアイデアが凝らされた近代銃である。

超コンパクトボディに秘められた絶大な戦力
発売されてだいぶ年月も過ぎたが、マルイ FN P90 の人気は全く衰えない様子である。何より私の率いる10名チームの約半数が現在所有しているという比率の高さもあり、ゲームで見ない日は無い。 M16 や AK47 など通常タイプのライフルを所有しつつ、この P90 をサブとして選ぶという人が多い。この特殊なデザインは、ガンマニアの心が惹きつけられるのだろうか。
実際、そのデザインは、ボタン1押しでテイクダウンできる合理的な構成、チューニングのしやすさ、シンプルな造りが成されており、電動ガンとしても素晴らしい出来栄えだ。この、合理性×シンプル×ファイヤーパワーが合わさって、ゲームでも大きな戦力を発揮するに違いない。

拡張性やサイズ的にはインドア戦に持ち込むのがベストかと思ったが、アウトドアでもいかんなく、その性能は発揮される。比較的パワーがあるので、むしろアウトドア向けかもしれない。バレルは247mmと短めだが固定保持がしっかりしており、ホップがよく利いて射程距離、遠距離安定性も充分である。屋外テストをした際、遠距離での集弾安定性はトップクラスだった。更に運搬性に優れたデザインのため、適当なバッグに入ったりと、どんなゲームにも持って行きやすい。

東京マルイ P90

特殊な形状は若干慣れが必要
グリップの握り角度は、昔ながらの M14 や M40 などコンベンショナルなライフルに近いもので、小型のウェポンとはいえ常にしっかり構えることができる。これは良くもあり悪くもあるが、銃本来の「ちゃんと狙って撃つ」という基本を強制されるデザインなので自然に成果をあげられる、という点がひとつの優れたポイント言える。しかしそのように構えがガッチリ決まる反面、全長が短い割には「回頭性」が低く、照準方向が分かりにくいと感じる部分もあった。回頭性、つまりいかに素早く銃を向けられるか、については、個人的には UZI のほうが優れていると感じる。グリップの角度に起因するのであろう。

標準でドットサイトが装備されているタイプは照準位置が低く、特にしっかり頬付けして構える姿勢を強要されるが、練習を積んで慣れればそれは敵にとって脅威に変わるに違いない。しかし、フルフェイスマスクをしていると、顔を傾けて頬をストックにかなり押し付けなければならず、少し大変ではある。
マガジンは上方からの給弾であることもあり、最後の1発まで撃てるのは好感がもてる。マガジンチェンジも非常にやりやすい。素早いスムーズなやり方は、PS2のゲーム「BLACK」の中でも見ることができる。

高い完成度、初心者にもお勧めの電動ガン
回転数はカタログ値でMAX850rpm程度となっているが、大容量のニッケル水素ミニバッテリーを使えば多少早くなり、EG1000モーターによる起動力の高さのおかげか、セミオートのレスポンスも素早い。ホップシステムも含めて、特にチューン等の必要もないだろう。
ここまで完成された電動ガンはなかなか無いと思うので、是非一度は試してみていただきたい。

東京マルイ P90 の販売ショップをみる

 

東京マルイ P90 のヤフオク出品状況

TUNER’Sギャラリーをみる