GUN道場レビュー

エアソフトガン、電動ガン、ガスガンのレビューサイト
Subscribe

静岡 ホビーショー 2012 東京マルイ 新製品

2012/5/17 By: maxi カテゴリー: 新製品


▼2012/5/17 東京マルイ 新製品 発表内容 速報

1. ガスブローバック MP7A1 (GBB)
 ・2012夏 発売予定
 ・40連マガジン
 ・4段階リトラクタブルストック (電動コンパクト互換)
 ・メーカー希望小売価格:32,800円

2. ガスブローバック M9A1 (GBB)
 ・2012夏 発売予定
 ・可変ホップアップ仕様
 ・デコッキング機能搭載
 ・完全新設計, 最新エンジン搭載, 旧マガジン互換
 ・メーカー希望小売価格:16,800円

3. 電動ガン ハイサイクル PS90HC (P90 AEG)
 ・2012夏 発売予定
 ・ロングアウターバレル仕様 (ショート化可能, エクステンション着脱型)
 ・新型300連マガジン
 ・メーカー希望小売価格:34,800円

東京マルイ公式フォトギャラリー

MP7A1 GBB MARUI

M9A1 GBB MARUI

PS90HC AEG MARUI

<その他 展示品>
・ ガスリボルバー M19 , M66 (13800円/14800円 2012年夏 発売)
・ 電動ガン ハイサイクル ステアー AUG HC タンカラー (5/30発売)
・ 電動ガンボーイズ SCAR-L CQC
・ ブローバック電動ハンドガン M9A1

クラウンモデル 新製品
サイバーガン社 (フランス)とのコラボ商品
・発売日未定

1. 電動ガン F2000 (AEG 輸入販売)

2. コッキングエアーガン ドラグノフ SVD (輸入販売)

3. コッキングエアーガン AK47 (輸入販売)

▼2012/5/09 予想レポート ————————————————–

2012年5月開催の第51回 静岡 ホビーショー でお披露目される 東京マルイ の 新製品 を、恒例の 東京マルイHPトップ ティザー広告から予想レポート。

P90
2012-P90

フレームがアースカラー(FGまたはOD?)となったP90が伺える。可能性としては3つ考えられる。

1. 既存のスタンダード電動ガンのカラーバリエーション
2. 新型 次世代電動ガン
3. 新型 ハイサイクルモデル

一番期待したいのは、もちろん次世代電動ガンだが、こればかりは当日発表されないと分からない。楽しみに待ちたいと思う。

MP7A1
2012-MP7

MP7とは、何も予想していなかった意外なモデルアップ。こちらもいくつか可能性が考えられる。

1. 既存のコンパクト電動マシンガンのカスタムモデル
2. 新型 ガスブローバックモデル
3. 新型 電動ガンボーイズのバリエーション追加

ガスブローバックモデルは、KSCがとうに先行しているうえ、ガスの価格上昇(製造量削減)、あるいは代替ガスは、未解決の課題のままである。
もう一方で気になる点としては、東京マルイのニッカドバッテリーが間もなく全廃となるので、コンパクト電動マシンガンは標準のパワーソースを失ってしまう。 →(マイクロバッテリーEX 500だけはまだ継続する模様だ。)
もちろん対応するリポバッテリーは存在するものの、コン電ファンとしては、このシリーズが存続するかどうかが第一の心配事だ。
なお、上記写真がデフォルトでオプションてんこ盛りな所をみると、電動ガンボーイズの可能性も高そうだ。

M9A1 電動ブローバックハンドガン
2012-M9A1

M9A1は、前回2011年10月の全日本模型ホビーショーで発表されたモデル。間もなく発売も近いのではないだろうか?

M19 / M66 2.5インチ ガスリボルバー
2012-M66

M66 も同様、前回発表されたモデル。M19の復活、M66ステンレスモデルの追加、2.5インチのバリエーション追加は嬉しい。刻印は、COMBAT MAGNUM になると思われるが、 さらに嬉しいことに刻印は SMITH&WESSON が入るらしい。

あとは、ティザー以外の所に本当の目玉があったりするかもしれないので、そちらも期待したい。

G&G F2000 (G2010) 電動ガン vol.6 ~ マガジンキャッチ改修

2011/4/28 By: maxi カテゴリー: ライフル


G&G G2010 (F2000)
G&G F2000 (G2010)
スタンダード電動ガン

スペック
全長:758mm
重量:3300g
インナーバレル長:430mm
装弾数:450発
参考初速:82.1m/s (0.67J) ※スプリングアジャスター実装(パワー調整機能付き)
軸受け:8mmボールベアリング
モーター:ハイトルク・ショート(25000rpm)

←G&G F2000 (G2010) 前回のレビュー記事 (vol.5)

ボディの完全分解
マガジンが抜けなくなる不具合が出てから、ボディの完全分解による修理が面倒で、先送りにしていたが、やっと修復に至った。ボディーを分割するときに、ネジを10本以上取らねばならないのは、単純ながら骨の折れる作業で、しかも六角ビスとロックナットという組み合わせになっている。一気に力を入れて回すとナットを受けるボディ側をナメてしまいかねないので、分解の際は集中して力加減を調整しながら丁寧に行わなければならない。

▼問題のマガジンキャッチ一連。長いバーを介してシーソーで作動させる構造になっている。
G&G F2000 マガジンキャッチ 修理

マガジンキャッチの問題点
下記の写真を見るとわかるが、F2000では「マガジンキャッチボタン」を下から押し上げると、テーパーの擦れ合いによってシーソーが動く仕組みになっている。分解したところ、3点の問題が見受けられた。
G&G F2000 マガジンキャッチ 修理

構造上の問題
1.シーソー(事実上のマグキャッチ)にテンションをかけているスプリングが強すぎる
2.マグチェンジするたびに、部品が擦れる (いずれ磨耗)
3.シーソーの取り付けにガタがある (軸受け部がボディ一体のプラ)

1のせいで、早々に2と3が発生するという、やっかいな仕様である。マガジンキャッチは頻繁に使用する箇所だけに、もっとうまく設計して、耐久性を持たせてほしかった所だ。
具体的な対策

色々な方法を検討して試行錯誤の結果、下記の方法で修復してみることにした。

▼テーパー摺動部分のカサ上げ
シーソー側(マグキャッチ側)の擦れる部分に、2×20mm程度の銅板(0.3mm厚)をぐるっとひと巻きして、ハンダで固定。プッシュボタンでしっかり押し込められるようにカサあげする。取り付け時はグリスアップが必要だ。
G&G F2000 マガジンキャッチ 修理

▼マグキャッチスプリングのカット
3巻きぐらいカットして、テンションがやさしくかかるようにする。このスプリングは長すぎるうえに固い素材が使われており、周辺パーツへの悪影響が考えられていない。国産ならこのような素材は使わないだろう。
G&G F2000 マガジンキャッチ 修理

マグキャッチ部分のツメを浅くする
必須ではないと思ったが、直接マガジンをロックする部分を、ヤスリで削ってツメを浅くしておいた。シーソー構造の影響で、引っ込んだとき斜めに角が飛び出てしまうので、それにあわせて斜めに削った。
G&G F2000 マガジンキャッチ 修理

以上でマグキャッチのチューニングは完了となる。各パーツの消耗が考えられるので、いつまで持つかは分からないが、あとは使って様子をみるしかない。G&Gは比較的レベルの高い中華だと思ったが、あと一歩の詰めが出来ておらず惜しいところだ。

おまけチューニング作業
分解ついでに、気になっていたところをチューニングしておいた。

トリガープルの軽減
トリガーの引き具合が重かったので、トリガーに直接テンションをかけているスプリングを2.5巻きカット。少しずつカットして調子を見た。スプリングは先ほどのマグキャッチと同じで、無用に長く固い素材が使われている。やりすぎるとトリガーの戻りが悪くなるので注意が必要だ。ともかく、これでトリガーを引くのが相当ラクになり、セミオートも使いやすくなる。

2発バーストの問題
組み上げたあとテストしてみると、セミオートの際に必ず2-3点バーストになってしまうようだ。スイッチ周辺をチェックしてみたが、グリスアップも行ってあり、カットオフの動作は軽やかで特に問題は見受けられない。
もしかしたらバッテリーとモーターのバランスが崩れているかと思い、試しに通常使っていたリポバッテリー(7.4V1800mAh20C)から、ニッケル水素(マルイ8.4V)に変えてみたところ、バーストがまったく無くなった。

そのリポバッテリーではパワーがありすぎて余計に回転してしまうということになるだろうか。解消法は・・・素直にマルイ・ニッケル水素を使うか、リポのグレードを800mAhなどに落とす、モーターのグレードを落とす(EG700とか?)などになりそうだ。とりあえずは最も手軽な、バッテリー側で調整しようと思う。

→G&G F2000 (G2010) 次のレビュー記事 (vol.7)

G&G F2000 の販売ショップをみる

 

G&G F2000 のヤフオク出品状況

TUNER’Sギャラリーをみる

G&G F2000 ( G2010 ) 電動ガン vol.5 ~ マガジンが抜けなくなるトラブルと解決案

2011/2/18 By: maxi カテゴリー: ライフル


G&G G2010 (F2000)
G&G G2010 (F2000)
スタンダード電動ガン

スペック
全長:758mm
重量:3300g
インナーバレル長:430mm
装弾数:450発
参考初速:82.1m/s (0.67J) ※スプリングアジャスター実装(パワー調整機能付き)
軸受け:8mmボールベアリング
モーター:ハイトルク・ショート(25000rpm)

←G&G F2000 (G2010) 前回のレビュー記事 (vol.4)

G&G F2000 はゲームに数回投入したが、なかなか安定した性能を見せてくれた。個人的な難点としては、大柄なボディのために若干身動きが取りづらく、後方支援ポジションになりがちだったことだろうか。
さてその後、しばらく使用せずに置き、久々にゲームへ持ち出そうとチェックしていたら、マガジンが抜けなくなるトラブルが発生。純正の450連マガジンが抜けなくなってしまった。

▼問題のマガジンキャッチ部分。ダイキャスト製で頑丈なパーツだが、斜めに飛び出ているのが見える。
G&G F2000 (G2010) マガジンキャッチ 不具合

▼メカボックスを外してチェックしてみると、マガジンキャッチの引き具合が甘くなっており、上部のカバーを開けて該当のパーツを棒で押し込んだら、マガジンは抜けおちた。
G&G F2000 (G2010) マガジンキャッチ 不具合

▼リリースボタンをいっぱいに押した状態でもこれだけ爪が出ている。2-3ミリ程度だろうか。
G&G F2000 (G2010) マガジンキャッチ 不具合

購入後、今までは問題なかったのに、なぜ突然こうなったかを考えてみたが、グリップ後方にあるリリースボタンから、テコを介してキャッチを動作させているため、使用を繰り返してどこかがヘタったものと見受けられる。または、引っかかって抜けない状態でグイグイ引っ張ったため、周辺の保持パーツにガタが出たかもしれない。それ以外にも、マガジンを引っ掛ける部分にあるスプリングが固そうなことも原因の一つと思われる。応急処置としては、メカボックスを一度外す以外に、「プラ板」をマガジンとハウジングの隙間から挿し込み、キャッチを開放する方法が考えられる。

さて・・これはどうしたものか。マグキャッチの分解に至るには、ボディをバラす必要がありそうで、恐らくかなりの工数がかかってしまう。それも視野に入れて、いくつか解決方法を考えてみた。

F2000 マグキャッチ修正案
1.キャッチ(ダイカスト製)の爪部分を2-3ミリほど削る
2.キャッチの爪部分にあるスプリングを弱いものに変える
3.テコ部分のクリアランスや、ボタンのストロークを見直し、もっと押し込めるようにする
4.マガジン側でオフセットさせる(へこませる)

「1」は一見簡単そうだが、非常に危険性がある。なぜなら3ミリも削ると爪が無くなってしまい、マガジンが落ちるなどの副作用が起こるに違いない。「4」は同じ副作用と、マガジンの汎用性が無くなるのが問題だ。となると、「2」と「3」を組み合わせてやってみるしかなさそうだ。
この現象は、他社のマガジンでも同様に起こるため、騙し騙し使うわけにもいかず、根本的に解決しなければならない問題といえる。この製品は出来が良いと思っていたが、残念ながら思わぬところで手間のかかる電動ガンだったと言わざるを得ない。

→G&G F2000 ( G2010 ) 次のレビュー記事 (vol.6)

G&G G2010 (F2000) の販売ショップをみる

 

G&G G2010 (F2000) のヤフオク出品状況

TUNER’Sギャラリーをみる