GUN道場レビュー

エアソフトガン、電動ガン、ガスガンのレビューサイト
Subscribe

東京マルイ SOCOM Mk.23 (vol.2) 〜トリガープルを改善するカスタム方法例

2011/2/10 By: maxi カテゴリー: ハンドガン


東京マルイ ソーコムMk23 固定スライドガスガン
マルイ H&K SOCOM-Mk.23
固定スライドガスガン

スペック
全長:245mm
重量:850g
装弾数:28+1発
参考初速:88.8m/s(0.788J)

←東京マルイ SOCOM Mk.23 固定スライドガスガン 前回のレビュー記事 (vol.1)

冬のシーズンに大活躍するハンドガンの一つに、東京マルイ 固定スライドガスガン SOCOM Mk.23 が挙げられるが、ノーマルの状態ではトリガープルが重いのが難点だ。特に「最後の切れ」が重すぎて手がブレてしまうため、せっかくの高い命中精度がもったいない事になっている。
そういった場合は、一度分解してパーツの動きを良く観察してみれば、どうすれば改善できるかが分かるのだが、この機会に掲載しておきたいと思う。方法はこれ一つでは無いと思うが、大して工数もかからないので、気になっている方はチャレンジしてみてほしい。

東京マルイ SOCOM Mk23 トリガープル 改善

図解してしまうとこれで終わってしまうが、トリガーの切れが重すぎる原因は、ハンマーの「ダブルアクション用のツメ」の形状にある。その形により、必要以上にハンマーを起こしているとみることができる。具体的には、
・ダブルアクション時に、トリガーバーとハンマーの接続が切れるのが遅い
・シングルアクション時であっても、トリガーを引くとさらにハンマーを起こそうとする
といった現象が起こっており、結果トリガーは重くなっている。

そのため、トリガーバーとハンマーの接続をもっと早く切れるようにすれば良いということになる。加工に際して使用する道具は、小さな平ヤスリ1本で良い。これによりトリガープルは軽くなり、ハンマーもストンと気持ちよく落ちるように改善されるはずだ。ただし、若干初速が落ちる可能性はある。
しかし、何にせよカスタマイズの際は、純正でなぜこのような仕様になっているかも考えておかなくてはならない。そもそもこの設計ではパーツに無理がかかっているような気もするが、あえてこうしたのだとすれば、例えば本物の軍用銃と同じように、わざとトリガープルを重くして、安全性を高めているのではないかというのが1点。そのほかにも、ハンマーを最大限に起こし、インパクトを一定にして射撃性能を安定させるため、さらには、磨耗する部分であるため耐久性を持たせているなどの理由が考えられる。

ハンマーの加工カスタムにより、これらの理由をいくらか削ることになるかもしれない。つまり「安全性」「ハンマーインパクト(安定性)」「耐久性」がノーマルより低下するということである。とはいうもの、トリガーに無理な力をかけずに済むようになるため、耐久性の伸びる部分もある。実際の使用上も何も問題はないし、最初からこれで良いのに、何故だろうかと思ってしまう所である。

東京マルイ ソーコム Mk.23 のヤフオク出品状況

東京マルイ ソーコム Mk.23 の販売ショップをみる
[rakutenitem keyword=’マルイ ソーコム 23′ sort_type=’6′ category=’101164′]

TUNER’Sギャラリーをみる

KSC SOCOM Mk.23 (05HK)

2007/7/13 By: maxi カテゴリー: ハンドガン


KSC ソーコム Mk23
KSC SOCOM Mk.23 (05ハードキック)
ブローバックガスガン

スペック
全長:245mm
重量:960g
装弾数:28+1発、
初速:70.5m/s(実測/26℃)
ABSスライド仕様

ゲームに最適なABSスライド仕様
KSC ソーコム Mk23シリーズは05ハードキックになってから格段に動作性が良くなった印象がある。その中でも最も動作の確実性に信頼がおけるのは、軽量なABSスライド仕様であり、ゲーム使用を前提とすればこれが一番良い選択肢である。
さて、夏場は特に「ブローバック」を楽しまなければモッタイナイと思うので、フィールド貸切の場合はガスハンドガン/SMG戦の比率が高かったりするが、このソーコムもハンドガン戦のメインウェポンとして視野に入れている。サブにするにはやはり大きすぎるが、そこは思い入れ次第といったところか。

KSC ソーコム Mk23 コマーシャル ABSスライドモデル

豪快な使い心地
ゲーム実戦で使用したインプレとしては、まずKSCのUSP45と同様に弾道が素直で、25m程度の有効射程があること。ハンドガンとしては充分であろう。そして実用的なブローバックスピード、サイトの見易さ、操作性の良さから、ハンドガン戦でのメインウェポンとしても、なかなか良い性能を発揮してくれた。
しかし、使っていてアタリがついてくると、大きな問題が発生するようになった。それは気温が高い日(26℃以上)にキックがハードすぎて、高い確率でスライドが後退したまま固着してしまうのである。そうなってしまったら、後ろから手で叩いて戻すしかない始末であった。

あとから原因を探ってみると、スライドの後退ストロークが大きすぎるため、ハンマーがピストンユニットの前方に引っかかっていた。スライドの後退時に固着してしまった時は、ハンマーを手でさらに起こしてやるとスライドが戻るという状況である。1発毎にこれでは、使い物にならないので、試しにリコイルスプリングの後ろに長さ5mm程度のプラスチックパイプをかませて、ストロークを規制してみた。本当はラバーのリングでバッファーをセットするのが良いと思ったが、手元に適当な材料がなかった。だが、そのショートストローク化の結果、問題は解消されたようで、信頼性は向上した。その他、トリガーが戻りきらない事態も起こった。リターンスプリングの弱さのせいか、デコックレバーなど関連パーツが多いせいなのかもしれないが、オイルアップ+慣らしでなんとか動作不良は解決していくようである。

KSC ソーコム Mk23

さて、ソーコムといえば、L.A.M(ライトアタッチメントモジュール)である。
写真ではマルイのLAMを装着しているが、サイズが若干小さいのか押し込んでもネジの部分がわずかに届かない。ネジも、KSCはInchサイズなのに対してマルイはmmサイズであり、合わない寸法だ。とりあえず半固定は出来て、カタチにはなるので、わずかな隙間を気にしなければ問題ないだろう。
それから、スライドにはマルイP226レイルでも使用した耐熱塗料スプレーを塗布し、シリコンオイルを塗布して仕上げてみた。純正よりもややグレーががった色となり、リアリティを増した(?)ような気がする。

ガスブローバックのソーコムMk23は、現在のところKSC製しかなく、選択肢は他に無い。迫力のある、男の銃という雰囲気もあり、ゴツくて存在感も抜群なので、もっと他メーカーから発売されても良いように思う。

KSC SOCOM Mk.23のヤフオク出品状況

KSC SOCOM Mk.23の販売ショップをみる
[rakutenitem keyword=’KSC ソーコム 23′ sort_type=’6′ category=’101164′]

TUNER’Sギャラリーをみる

東京マルイ SOCOM Mk.23 (vol.1) ~ 屈指の実力派ガスガン

2006/1/07 By: maxi カテゴリー: ハンドガン


東京マルイ ソーコムMk23 固定スライドガスガン
マルイ H&K SOCOM-Mk.23
固定スライドガスガン

スペック
全長:245mm
重量:850g
装弾数:28+1発
参考初速:88.8m/s(0.788J)

オールシーズン対応、屈指の実力派ガスガン
スライドが固定されているダブル・シングルアクションのガスガンは、1980~90年代では主流だったものの、今では希少になってしまった。しかし東京マルイがあえてその方式を採用したのがこのH&K ソーコム マーク23であり、隠れたロングセラーとなっている。このガスガンは、付属のサイレンサーを装着すると他のどのエアーガンよりも発射音量が小さくなり、隠密作戦に適していることから、使いどころは少なくない。SOCOM Mk23はTVゲームの「メタルギアソリッド」に登場しており、当初からそれをイメージして作られているようにも見える。
スライド固定のガスガンは、冬でも夏でも、ほとんど気温に左右されることなく、安定した性能と飛距離・命中率を発揮できるのが特長である。このソーコムに至っては、スナイパーライフルや電動ガンとほぼ同等の飛距離・命中精度をもっており、全く侮れないハンドガンだ。ゲームの内容によってはこのソーコムMk23だけで事足りてしまうかもしれない。実射テストによると、冬季でも約40m先のA3サイズの的を、狙って当てられるのには驚いた。

隠密行動+一撃必殺の面白さ
長物に比べれば、機動力は当然高く、発射音が静かなので、ゲームシチュエーションによっては有利だが、弾道性能よりも、射撃体勢が不安定になりがちなハンドガンであることと、「オープンサイト自体の性能」が不足しているため、あまりに遠距離では照準がラフになってしまう。その点はどうしてもハンドガンの領域であり、やむをえないところだ。しかし40mも遠くを狙って当てられるのは事実のため、CQBから狙撃まで幅広くこなせる頼もしい銃である。唯一弱点を挙げるとすれば、CQBにおける「速射」ではどうしてもブローバックにはかなわないということである。

東京マルイ ソーコム Mk23 固定スライド ガスガン

東京マルイ ソーコム Mk23は過去のどのようなフィクスド・ハンドガンよりも性能が秀でている。本体重量は比較的軽量で、表面仕上げなどは80点のマルイ流であるが、ゲームでの実用性を最優先するなら、試しておくべきモデルであろう。なお、部屋で撃ったり眺めたり、分解して楽しむのであれば、KSCのガスブローバック H&K ソーコムMk.23のほうがお薦めとなる。ゲームユースなら、マルイソーコムの射撃性能やコストパフォーマンスは捨てがたい。ガンケース+サプレッサー+モジュールライトがセットされて12000円そこそこという価格も、入門に適しているといえるだろう。

可能な限りのリアリティも追求
SOCOMはスライド固定ガスガンではあるが、スライドを引いてハンマーをコックすることができる。コッキング動作は、気分が高まって良いものだ。ワイドトリガーもなかなかシャープな切れ味で使いやすいが、ハンマーダウンの直前にはトリガープルがかなり重くなる。
標準で16mm正ネジのサイレンサーが付属しており、その消音効果は特筆に価する。
スライド固定ガスガンのサイレンサーの効果は絶大で、アウトドアではほとんど発射音が聞こえないだろう。インドアフィールドや部屋で撃っても実に静粛で、トリガー&ハンマーの動作音のほうが気になる程である。
また、そこそこ光るライトのモジュール(L.A.M = ライト・アタッチメント・モジュール)や、専用のハードガンケースも付属し、季節やシチュエーションを問わず楽しめる一挺に仕上がっている。是非一度手にしてみていただきたい。

→東京マルイ ソーコム Mk.23 固定スライドガスガン 次のレビュー記事 (vol.2)

東京マルイ ソーコム Mk.23 のヤフオク出品状況

東京マルイ ソーコム Mk.23 の販売ショップをみる
[rakutenitem keyword=’マルイ ソーコム 23′ sort_type=’6′ category=’101164′]

TUNER’Sギャラリーをみる